記事一覧

どこも国民不在なのかもしれません

3月13日(月)

 このところ大きなニュースが相次いでいます。

 韓国では大統領が罷免されました。森友学園の理事長が退任しました。南スーダンから自衛隊の撤退が決定しました。一昨日は東日本大震災から6年目の日でした。昨日は民進党の第一回定期大会が開かれました。

 最後のニュースは少しバリューが落ちますが、それ以外はどれも新聞のトップを飾ってもおかしくないニュースです。

 韓国の朴槿恵大統領の罷免は既定路線とは言え、びっくりします。ほとんどの韓国人が喜んでいるのかと思っていましたが、ニュースを見ると支持者もたくさんいたようで、韓国社会の亀裂の大きさを実感しました。

 友人に過度に頼り過ぎた結果とはいえ、最高権力者にまで上り詰めたのに、次に待っているのは被疑者の座というのは、やはり気の毒という感を持ってしまいます。韓国では大統領がその座を退いたら、ほとんどが転落します。

 儒教社会で一族の者が頂点を極めれば、そのおこぼれに一族が預かるのが常とはいえ、この悪習を止めなければ、大統領にまともな人がなり手が無くなってしまうのではないかと心配になります。

 森友学園の理事長の会見は酷かったですね。こんな人に教育を語る資格はありません。きちっと、国会に喚問し、真実を語らせなければなりません。

 南スーダンからの撤退が唐突に発表されました。去年の9月から検討していたと政府は発表しましたが、どう考えても森友学園疑惑から国民の目を背ける材料に使ったとしか思えません。

 国会で南スーダンの現状が戦闘か衝突か話題になりましたが、国際ニュースを見れば、戦闘以外の何ものでもありません。PKO派遣5原則に反していることは明らかですので、素直に、政府は「現地は戦闘が起こっているから自衛隊を撤退させる」と認めなければなりません。

 東日本大震災から6年が経ちました。原発事故は終息の見通しが全く立っていません。それでも政府は、まだ原発をベースロード電源として無理矢理位置づけようとしています。全く歴史に目をつぶった、愚かな振る舞いです。

 民進党の方針ともかぶりますが、せめて原発をゼロにする決断をしなければ、震災で亡くなった方も故郷をいまなお離れざるを得ない人も浮かばれません。

 民進党の大会、私もいってきましたが、残念ながら活気はありませんでした。ホテルに皆を集めるという方法そのものを見直さなければいけないのかもしれません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー