記事一覧

民進党に解散に追い込む気迫が欲しい

1月25日(水)

 国会で代表質問が始まりました。

 民進党は対案路線ということです。対案路線は政府案に対して、ただ反対するのではなく対案を示していこうという路線です。

 基本的に野党でも対案を考えることは大事です。しかし、野党ですから対案を考えても残念ながら実現することはありません。だから、マスコミでも対案の中身については詳しくは報道してくれません。

 対案を説明していれば、批判の矛先が鈍ることは当然です。対決路線と対話路線が一線を画す理由です。

 自民党が野党の時は徹底的に対決路線でした。それこそ何でも反対、民主党(当時)には政権を任せられないの一辺倒でした。それが功を奏したのかどうか、分かりませんが、その次の選挙で政権を奪還しました。

 要は、気合いだと思います。何としても政権を奪還したいという自民党の気迫が有権者に伝わったのだと思います。対して、民進党は、選挙をされたら困るとばかりに、対案路線をとっているように思えてなりません。

 与党に足元を見透かされています。野党は与党を解散に追い込む気迫で臨まなければならないのに、腰が引けていては、支持率が伸びるはずもありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー