記事一覧

2017年は政治激動の年になるのか?

1月5日(木)

 新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 今日が仕事始めという方も多いかと思いますが、今年も一年間元気でご活躍されますことを祈念致します。

 今年の正月は天気も良く、大きな事件、事故もなく、極めて穏やかでした。

 しかし、酉年にはこれまで様々な政治的異変がありました。直近の酉年には小泉劇場の総選挙があり、残念ながら当時の民主党は惨敗しました。その前の酉年は宮沢内閣が退陣し、細川非自民内閣が誕生した画期的な年でした。

 さて、今回の酉年はどんな政治変革が待ち受けているのでしょうか。

 いつあるか分かりませんが、どう考えても今年中に解散総選挙があると思います。問題なのは、時期です。

 私は今でも、5月の選挙区の区割り変更の前に総選挙を実施する可能性が高いのではと思っています。

 直近では、予算を上げた直後の4月が考えられます。大型予算を成立させ、これから景気を良くすると宣伝して、選挙に突っ込んでいくというのが第一のシナリオです。

 7月の都議選に向けて、小池新党が旋風を巻き起こすようであれば、そしてそれが反自民に向かうようなことがあれば、その風を鎮めるために、解散に打って出るということも十分考えられると思います。このケースでは区割り改正の直前の5月の連休明けというのが考えられます。
スーパーコピー専門店
レディース&メンズ ファッションブランド
ファッションスーパーコピー偽物
スーパーコピー偽物
大人気スーパーコピー時計
ファッション通販
スーパーコピー代引き安全口コミ通販後払い
スーパーコピー国内発送安全後払い
スーパーコピー時計N級品
激安特価通販
腕時計通販
スーパーコピー
ブランド時計コピー専門店
腕時計大幅値下げランキング
腕時計通販セール|特別値引き商品
機械式腕時計買取強化中

 5月の区割り、それに伴う法改正を過ぎると、区割りの告知期間を取らなければいけないので、最短でも秋以降ということになります。9月の臨時国会冒頭というのが次に可能性が高いと思います。

 これ以上先のことは分かりようがありませんが、景気が悪くなって安倍内閣退陣などということも十分考えられますから、その時は新内閣が国民の審判を受けるという形で総選挙になります。

 いずれにせよ、政治的激動の年になる可能性は高いので、民進党はこのチャンスを逃してはいけないと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624pnifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー