記事一覧

安倍さん、テレビでいくら説明しても逆効果ですよ

12月19日(月)

 日ロ首脳会談が失敗に終わった後、安倍総理は続けざまにテレビに出ています。昨日も、すぐにまわしてしまいましたが、複数のテレビに出演し、日ロ首脳会談の成果について説明をしていたようです。

 どう説明しようが、失敗は失敗です。共同通信の世論調査でも、日ロ首脳会談を「評価する」とした人は38.7%で、「評価しない」の54.3%を大きく下回っていました。

 その結果、安倍内閣の支持率は約6%下落し、55%になりました。本当はもっと減ってもいいはずですが、安倍総理がテレビに出ずっぱりだったことが、支持率下落に歯止めをかけたのかもしれません。

 これで外交に懲りたのかと思いきや、年末のパールハーバーに次いで、来月にはオーストラリア、ベトナムなどを歴訪した後、再び、トランプ新大統領と来月末にも会談をしたいようです。安倍さんにとっては会うことが重要で、話の内容はどうも二の次のようです。

 外ばかり向いている間に、日本ではあっという間に、墜落したオスプレーの飛行が再開されそうな雲行きです。

 墜落原因が明らかになっていないうち、しかも墜落してからまだ数日しかたっていないのに、飛行再開とはとんでもない話です。日本政府として断固抗議しなければいけないのに、防衛大臣はいとも簡単に飛行再開に同意してしまいました。

 沖縄知事が激怒したのも当然です。米国国内で墜落したら、原因も明らかにならなり段階で飛行が再開されるとは到底思えません。米軍はやはり、日本は属国、ないし戦争で獲得した植民地としか見ていないということが、明らかです。

 先の世論調査でも、オスプレーの配備を見直した方がいいが、67%に達しています。また、強行採決されたカジノ法についても反対が70%もいました。

 これだけ民意とかけ離れた政治をしているのですから、支持率がこれから先、どんどん落ちてくることを期待します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー