記事一覧

安倍政権、失速。

11月24日(木)

 今日は、半世紀ぶりの11月の大雪に見舞われています。安倍政権の前にも、今日のような雪景色が広がっています。

 安倍政権はアベノミクストと安倍の首脳外交の二つを両輪にして走ってきました。いまその両輪がパンクしてしまい、最早、前に進む推進力を失ってしまいました。

 アベノミクスの破綻は、とっくに私たちには明らかでしたが、マスコミ的には、まだまだ前途に希望があるように報じられてきました。しかし、ここにきて三本の矢が全て折れてしまったことが明らかになりました。

 日銀は異次元の金融緩和で物価を3年間で2%上昇させると約束していましたが、当の日銀がこの目標を達成不能と明言しました。異次元緩和では効果がないことが分かったら、今度は量より質だとばかり、物価上昇目標から、長期金利をコントロールするという方針転換をしました。

 長期金利は景気の先行きを反映するものです。それを日銀が無理矢理コントロールしようとすれば、債券市場が正常に機能しなくなってしまいます。すでに、日銀は株式市場にも強引に介入しており、日本の市場は官製相場と批判されています。こんなことを続けていれば、いずれ日本の市場は世界から見放されてしまいます。
 
 第二の矢の機動的な財政運営も、金融と財政の境が無くしてしまっては、機動的もなにもありません。

 安倍さんが頼りにしていて成長戦略の目玉でもあったTPPはトランプ政権の誕生によってなくなってしまいました。もとより、TPPが成長戦略の目玉になりようもありませんが、安倍さんは、そこに賭けてきました。

 これでアベノミクスは完全に破たんしました。

 安倍政権のもう一つの目玉が外交戦略でした。政府専用機をプライベートジェットのように使い、世界中を飛び回って、援助という現金をばら撒くという派手な演出をしてきました。

 とりわけ、米国とロシアに肩入れをし、何らかしらの“歴史的成果”をあげることを目指してきました。

 その目玉が集団的自衛権の行使であり、日ロ平和条約です。来月にプーチン大統領を故郷に招き、ここで一気に決着を図るつもりだったようです。しかし、交渉を前に、ロシアは国後、択捉に何と、ミサイル基地を建設したことを発表しました。

 これで、国後、択捉の二島は帰ってこないことが明らかになりました。これでは、仮に日ロ平和条約が結べたとしても、交渉は失敗です。

 安倍さんはクリントン大統領を予想していましたが、見事に外れました。トランプが勝つと、すぐにニューヨークに飛んでいき、いち早く、TPPに加入してくれるように頭を下げ、信頼関係が築けると胸を張りました。

 しかし、そのすぐ後で、トランプはTPPには加盟しないことを明言しました。見事、失敗でした。

 安倍外交のもう一つの目玉がインフラ輸出でした。インド、トルコ、ベトナムなどに原発を輸出するとしていましたが、ベトナムへの原発輸出は取りやめになってしまいました。もとより危険な原発を輸出するなど言語道断ですが、それを進めてきた安倍政権にとっては失敗です。

 これ以外にも、フィリッピンのドテルテ大統領に大型巡視船二隻をプレゼントし、中国をけん制するようにお願いしましたが、それも、その後、ドテルテが習近平と会談し、無駄になってしまいました。

 このように安倍政権の両輪を担ってきたアベノミクスト、外交の二本の柱が折れてしまいました。

 これまでさんざん、時間とお金をかけて進めてきた政策が失敗したのですから、当然、責任をとって辞めるのが筋です。今こそ、民進党は安倍の退陣を求めるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー