記事一覧

異端児トランプ氏がアメリカ大統領に

11月10日(木)

 アメリカの大統選でトランプ氏が当選しました。

 マスコミではクリントン氏の当選を予想していただけに意外な結果に世界中が大騒ぎになっています。

 選挙を闘っている身からすると、「選挙では何が起こってもおかしくはない」と思っています。したがって、二人の有力候補のうちの一人であるトランプ氏が勝っても不思議でもなんでもありません。

 英国のEU離脱を問う国民投票でも事前の予想は離脱反対だったのが、開けてみれば離脱になってしまったという例が直近にありました。だからトランプが勝つこともありうると私は思っていただけに、それほどの意外感はありませんでした。

 ただ、どうしてこれほど世論調査が外れたのかは興味があります。テレビ報道などでは「隠れトランプ支持者がいたから」と分析している局もありました。すなわち、世論調査などで聞かれると、恥ずかしいからトランプ支持と言えない有権者がたくさんいて、それを読み切れなかったという分析です。

 でも、トランプ氏の過激で下品な発言にうんざりしている人がたくさんいる一方、クリントン氏の政治エリート的な発言に反発をしている人もたくさんいた訳ですから、あまり言い訳にはならないような気がします。

 世論調査を含めた既存のマスコミの政治報道にうんざりした人がたくさんいて、その結果、勝つと予想したクリントン氏に反対票を入れた人がたくさんでたというのが真相に近いのではないかと私は思います。

 残念ながら日本の有権者はその逆です。マスコミが世論調査で勝つと言った方に、みんなが乗ってしまうから世論調査が外れようがない。結果が分かっているのならば投票に行く必要がないと、投票率が下がってしまうのが日本です。

 世論調査も外れることがあるというのを日本の有権者が認識すれば、次は世論調査の結果に左右されない選挙戦ができるのではと期待をします。

 さて、ともかく来年にはトランプ大統領が誕生します。どんな影響があるのかがもっとも心配な点です。

 トランプ氏の発言の特徴は責任を他に転嫁することでした。米国で中間層が減ったのは移民が増えたから、米国の製造業が落ち込んだのは中国や日本からの輸出が原因だ、米国の財政赤字が増えたのは同盟国が防衛費の負担を十分にしていないから、など、責任を外部に求めています。

 選挙中に言った、対応策は単純そのものでした。移民を減らす、輸入には高関税を掛ける、防衛費を外国に負担させる。

 候補の時の発言と、実際に大統領になった時の政策は異なるのが普通です。したがって、そのまま実行に移すとは考えられませんが、危険性が零ではありません。それが“トランプリスク”です。どうしたら、リスクを回避できるのかに、すぐに取り組まなければなりません。

 でもいいことも無いわけではないと思います。

 沖縄の普天間基地の辺野古移転や米軍基地を減らす問題など、行き詰まっている日米の外交交渉がトランプ氏によって進展する可能性もあります。

 トランプ氏が言うように米国がいつまでも世界の警察官を務める訳にはいきません。国連が世界の警察官の役割を務める議論のきっかけになればと、考えるのは私一人ではないでしょう。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー