記事一覧

加藤紘一氏を悼む

9月13日(火)

 自民党の加藤紘一氏が亡くなりました。

 加藤先生とは中選挙区議連で一緒に活動をしました。加藤先生が会長で私が幹事長を務めていました。

 小選挙区制の問題点を指摘し、どんな選挙区制がいいかを考える会で、200人近い議員が会員になった最大の議員連盟でした。

 小選挙区制は一人しか議員が選ばれないので、過半数の得票を得なければならず、候補者同士の主張に差がなくなる。原発や憲法と言った主張が分かれる問題については、国民の間にも賛否があるため、過半数を欲しいがために、自分の意見をはっきり表明しない議員が多くなる。結果として主張を持った議員が育たない、現職が有利、二世がはびこるなど弊害が多い、というのが議連の主張でした。

 中選挙区の時代には複数の議員が選ばれるために、外交など票にはならなくても専門性を持った分野が得意の議員も当選することが出来た。結果として個性豊かな議員が生まれた。 

 ところが、今や過半数の票を得るために票集めの活動ばかりをしていてじっくりと勉強する議員が少なくなってしまった。これも小選挙区制の弊害として論じられました。

 小選挙区制を導入した最も大きな理由は政権交代が可能になるということでした。事実、小選挙区制を導入して政権交代が実現しました。

 しかし、現状を見ると、自民党一党支配が進み、このままでは小選挙区制の下でも自民党一党支配が一層進みそうな気配です。

 議連では、小選挙区制の長所より、短所の方が大きくなった、この際、選挙区制を見直して中選挙区制に戻す議論を始めるべきではないかというのが主張でした。

 当時、政権を持っていた民主党内には小選挙区を支持する声が大きく、残念ながら、選挙区制の見直しは達成できませんでしたが、加藤先生とは何回も会う機会があり、大変勉強になりました。

 特に、保守とは何かという話に、目から鱗の覚えがしました。すなわち、良質な保守とは地域社会を守っていく助け合いの伝統だという話でした。地域社会が弱体化したのが保守の後退を招き、自民党が弱くなってしまったと、当時、加藤先生は分析していました。

 また、加藤先生と高村正彦氏、海江田万里氏の4人で中国の建国記念日に訪中したことも忘れられません。この時は防衛庁長官の時に空母に戦闘機で着陸した時の怖さを、大会の中の豆粒のような点に超高速で突っ込んでいく恐怖をユーモラスに話してくれたことが印象に残っています。

 自民党にはたくさんの長老がいて大所高所からご意見番を務めていました。それが自民党の厚みと強みになっていました。残念ながら自民党にも民進党にも、加藤さんのような良識を持った長老が少なくなったことが、政治の厚みと信頼を無くしているような気がしてなりません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー