記事一覧

言っていいことと、悪いことをわきまえなくてはいけない

8月25日(木)

 来月、民進党の代表選挙が行われます。すでに蓮舫さんが立候補を表明していますが、今日、前原さんも立候補を表明しました。

 民進党の代表選に立候補するには20人の国会議員の推薦が必要です。この20人が中々集められず、出たい人も出られないという状況が続いています。

 この二人以外にも代表選にでたいと言っている人が少なくとも3人います。しかし、推薦人が集まらないというのが現実です。

 私は代表選を活性化させるためにも推薦人の数を10人ぐらいまで下げればいいと思うのですが、どうでしょうか。

 さて、事前の予想では蓮舫さんの圧勝と見なされていましたが、岡田代表に対するコメントで流れが変わりそうです。蓮舫さんは岡田さんに対して「大好きだが、つまらない男」と言ったそうです。

 蓮舫さんは岡田代表に代表代行に任命されていました。いわば、岡田さんに恩義があるわけです。それなのに、つまらない男とは、これはまずいですよね。

 つまらない男、すなわち魅力のない男を民進党は代表に据えていたということになりかねません。

 「みなさん〈マスコミ〉から見ると、つまらない男に見えるかもしれませんが、付き合えば付き合うほど味がある人です」ぐらい言っておけばよかったのに、まさに「口は災いの元」です。

 せっかく、女性の時代のホープとして期待していたのですが、最初から躓いてしまった感があります。

 これから先、本格的に代表選の論戦が始まります。この失態をどう挽回していくか、注意深く見守っていきたいと思います。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー