記事一覧

トランプを笑えない、上から目線の米国副大統領

8月18日(木)

 米国副大統領が日本の憲法は我々が書いたという発言をしました。

 確かに原案は占領軍たる米国が書いたことは事実ですが、初期の段階から日本側もきちっと関与していたことも知られています。

 そして何より、作ったのは米国だとしてもそれを70年以上もきちっと守り、今や世界に平和憲法として知られるようになった憲法を育て上げたのは日本です。

 9条の精神、国際紛争は武力では解決できないというのは、何よりも事実が証明しています。武力を行使して犠牲者がでれば、必ず恨みが残り、それが新たな暴力を生みます。武力は即効性はあるかもしれませんが、持続性はありません。

 紛争の原因となる貧困や差別などを取り除かない限り、紛争はなくなりません。だから米国は戦後もずっと武力行使をし続けてきたのに、いまだに世界には平和が訪れるどころか、不安定さばかりが増してしまっています。

 副大統領は作ったというのならば、その精神をきちっと学ばなければいけません。

 それにしても米国の副大統領でも、いやだからこそかも知れませんが、日本は憲法まで米国に作って貰っているのだから、自分たちの“属国”だと意識しているのだと思うと、嫌になります。

 だから憲法を自分たちで作るべきだと言っているわけではありません。その逆で、自分たちが育てた日本国憲法を世界に広めようと、胸を張って言うべきだと思います。

 同じ日に、安倍総理はオバマ大統領の「核の先制不使用」発言に反対姿勢を表明したということが報じられました。このことは逆に言えば、核で先制攻撃をしてもいいということを言っていることに他なりません。

 核兵器を使用したらどんな悲惨なことが起こるのか、唯一の被爆国である日本はずっと国際社会に訴え続けなければならないことです。

 日本の総理が訴えるべきは、先制使用を認めるのではなく、核の先制使用を全面禁止させることです。

 さらにもう一つ、安保法制反対運動をリードした「シールズ」が解散したという報道がありました。政治に関心がないと言われた学生が立ち上がってくれた意味は非常に大きいものがありました。

 目立てばいろいろな嫌がらせがあることは想像に難くありません。それを乗り越えて活動を続けたことに敬意を表したいと思います。

 シールズを作った人たちに活動を続けてくれというのは無理かもしれませんが、是非、若い人たちに、この運動を継承してほしいと願うのは私一人ではないと思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー