記事一覧

このままでは21世紀はテロの世紀に

7月14日(木)

 フランスのニースでまたテロが発生しました。世界中どこにいても、テロの標的にされる様な時代になってしまいました。花火を楽しんでいる人が突然、悪意に取りつかれたテロリストに殺される。どうしてこんな時代になってしまったのでしょうか。

 ターゲットは不特定多数の民衆。場所はどこでも、出来るだけ多数を殺傷する、求めるのは混乱と恐怖。

 日本はこの種のテロにまだ見舞われていませんが、いつ、日本もターゲットにされるか分かりません。

 今回は車が主たる凶器となりました。誰もが簡単に手にできるものが凶器になるのですから、世界中どこでも同じようなテロが発生する危険性があるということです。

 残念ながら防ぐ手立てはありません。世界全体に広がった憎しみの連鎖を断ち切らなければ、21世紀はテロの時代になってしまうでしょう。

 ところで、突然、天皇陛下が生前退位の意向を表明されたと報道されました。NHKが速報したところに、何か釈然としないものがありますが、ともかく、陛下の年齢と激務を考えると、元気なうちに皇太子に皇位を譲るということがあってしかるべきだと考えます。

 陛下は何より現行憲法を大事にされ、国民と共に歩むということを実践してきた方だけに、このことを変に、憲法改正などに政治利用させないようにしないといけないと思います。

 さて、昨日の朝日新聞の記事で、今回の参議院選挙の結果、自公の議席が過半数を大きく上回った理由として、一番数が多かったのは「野党に魅力がなかったから」で、71%もありました。

 野党第一党である民進党は、猛省をしなければなりません。かくいう私も民進党の候補者をお願する演説をしてきた訳ですから反省をしなければなりません。

 同じように安倍総理も反省をしなければなりません。何故なら、「安倍首相の政策が評価されたから」という回答が僅か15%しかなかったということです。

 安倍さんはアベノミクスが国民の信任を得たから、さらにアベノミクスを加速すると言っていましたが、国民はそれを望んではいません。

 鶏が先が卵が先かになってしまいますが、自民党は企業に政策の焦点を当てて優遇措置をとる、民進党は国民生活に焦点を当てた政策を実行すると明確に訴えるべきです。国民生活が豊かになれば、企業も生産活動を強化します。消費が増えないから、企業は活動を縮小します。この悪循環を断ち切るのは、企業重視から国民重視に順番を変えるしかありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー