記事一覧

本当に憲法を変えていいのか、それが今回の参議院選挙の最大の焦点だ

7月6日(水)

 今日、いっせいに新聞各紙に参議院選挙の世論調査の結果が出ていました。それによると自公とお維新を合わせると、憲法改正に必要な3分の2を超えるという結果が出ていました。

 愕然とします。

 有権者の中には3分の2を取ったとしても、選挙で積極的に安倍総理が言っていたわけではないから、すぐに憲法改正には至らないだろうと、思っている方もいるかもしれませんが、それは甘い考えです。

 安倍さんは国会の答弁でも自分の在任中に憲法改正をするという発言をしています。したがって、選挙に勝てば、国民の信を得たとばかり、憲法改正に踏み切るのは間違いあません。

 私が衆議院議員として法律を作る時、いまの憲法があるからできない、という法律はありませんでした。環境に配慮した条文がないからといって、環境に関して法律が作れないわけではありません。環境の問題は憲法に書いてもいいですが、書かなくても環境基本法を作ればすむ話です。

 唯一、現行憲法の下で出来なかったのが、集団的自衛権の行使や、専守防衛を越えた先制攻撃など、武力によって国際紛争を解決することでした。これらは憲法9条を変えない限りできないことでした。

 安倍さんはそうした原則を無視して憲法違反の安保法を作ってしまいました。そして次は憲法9条を変えて、堂々と自衛隊を国軍として位置づけ、戦争が出来る国に変えようとしています。

 選挙に勝ったら憲法を変えるのかどうか、党首討論でしっかりと返事を聞きたいところですが、安倍さんは選挙応援で忙しいという理由で、党首討論に応じようとしていません。

 国民がしっかり考えないうちに、憲法を変えてしまおうという魂胆です。今度の参議院選挙で3分の2を与えてしまえば、確実に憲法が変えられ、日本の国の形が変わってしまいます。なんとしても、阻止しなければなりません。

 世論調査を見れば、憲法改正に賛成の人より反対の人が多いです。9条に至っては改正反対が賛成を大幅に上回っています。

 自民党や公明党が好きな人でも、憲法を変えたくないと思っている方がたくさんいるはずです。今回はどこの党がいいかを考えるよりも、憲法のことを考えて投票していただきますようお願いします。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

やり切れないテロ

7月5日(火)

 バングラデシュでテロにあった被害者が今日帰国しました。

 イスラム教徒のラマダン中にテロを起こせというISの指令があったようですが、世界中でテロが頻発しています。100人、200人という単位で死者が報告されていますから、今度のテロが特に規模が大きかったという訳ではありませんが、それにしても7人もの日本人が被害にあったことは、やはり驚きです。

 今回もソフトターゲットと呼ばれる、誰もが利用する施設を狙ったテロでした。レストランや駅、ホテル、観光地など、誰が被害にあってもおかしくないのが、ソフトターゲットを狙ったテロの特徴です。

 特別な場所を狙っている訳ではありませんから、誰でも被害者になる危険性があります。世界中に不安を振りまくというのが狙いだとしたら、狙いどおりかもしれませんが、不安を振りまいて、その後どうすると言えば、全く意味はありません。

 私は自爆テロというのがどうしても理解できません。今回は若いテロリストによって起こされました。彼らなりに動機があったはずですが、他の人には理解しようがありません。

 まして、自爆して死んでしまえば、そのテロリストにとっては全てが終わってしまう訳ですから、全く訳が分かりません。どのように彼らが洗脳されたのか、しっかりと解明して、第二第三の若いテロリストが出てくるのを阻止しなければなりません。

 こんな訳の分からない思い込みテロで命を落としてしまった人の無念を考えると胸が痛みます。テロ直後には、被害者の人柄等が報じられますが、残念ながら知り合い以外はすぐに忘れてしまいます。なんとも空しい限りです。

★街頭演説会のご案内

日 時 7月7日(木)午後6時~ 

場 所 八柱駅南口

弁士  民進党公認 小西ひろゆき候補
    前内閣総理大臣 野田よしひこ衆議院議員 他

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー