記事一覧

解散を巡るとんだ茶番劇

5月31日(火)

 昨日は同日選挙を巡ってニュースが飛び交いました。

 発端は麻生副総理が一昨日富山で行った演説です。「消費税増税を1年半先延ばしする、ということで我々は当選してきた。それを更に先送りするというのであれば、解散総選挙をしなければならない」こう麻生さんは言い切りました。これに稲田政調会長などが同調し、一時は同日選挙かとマスコミを賑わしました。

 しかし、今日になってみれば、自民党内にも「正論があるんだ」ということをアピールするための茶番劇だったことが分かりました。本気で解散を求めたのであれば、今日あれほど嬉しそうに総理の脇で麻生さんが笑えるはずがありません。全く、国民をバカにした話です。

 また、安倍総理は「今日の経済情勢はリーマンショック前に似ている」という発言を訂正しました。昨日になって、急に、そんな発言をサミットの場では言っていないと言い出しました。言ってはみたものの、あまりの評判の悪さに、今度は一転して否定する。どこまで国民をバカにすれば気が済むのでしょうか。

 ことほど左様に安倍政権が行っていることはまったくデタラメです。消費税増税をなぜ先延ばしするのか、どうして2年半が必要なのか、恐らく政治日程だけをにらんで決めたことで、経済的な根拠は全くなく、延期を決めたはずです。これほど重要な決断を自分の延命のために利用することは断じて許されません。

 これに対して野党は内閣不信任案を提出しました。当然のことです。でも解散には消極的で腰が引けていたと報じられています。

 野党は総理が解散するのを待つのではなく、総理の失政を厳しく批判して解散に追い込まなければいけません。そうした気概を示さないからいつまでたっても支持率が上がらないのだと私は思います。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー