記事一覧

トラブル続きの再稼働、すぐに止めるべきだ。

3月1日(火)

 再稼働したばかりの関西電力高浜4号炉が昨日、緊急停止しました。4号炉は先月20日に放射能汚染水の水漏れ事故を起こしたばかりです。短期間に二度もトラブルを起こし、原発の不安定性、危険性が暴露された結果になりました。

 原子炉依存度が高い関西電力は、福島第一原発の事故の後も、安全性よりも採算性を重視した発言が続いていました。その体質が今回も露呈した格好です。

 関電では再稼働を見越して電力料金の値下げを明言していました。電力自由化を控え、競争力を維持するためには原発の再稼働が必要と、相変わらず採算性しか考えていない関電だから再稼働を急ぎ、結果としてトラブルを招いてしまったのでしょう。

 万が一、原発が事故を起こせば、一電力会社では対処できないことは福島第一原発で証明済みです。それにもかかわらず、電力会社に最終的な再稼働の判断を任せていること自体が間違いだと私は思います。

 政府が原発ゼロを宣言し、全ての原発を政府の管理下において、再稼働ではなく廃炉に向けた作業を開始することが、最も適切な処理だと思います。

 このままずるずると電力会社の判断に任せれば、もとの原発列島に戻ってしまい、また来るべき大地震の時に、再度の悲劇が起こってしまうことは自明のことです。それが明日になるのか1000年後になるのか、という違いだけです。原発を止めることは、福島第一を経験した私達の責任です。

 昨日、福島第一原発事故当時の東電の会長と、副社長2人の3人が強制起訴されました。これまで検察が二度にわたり、証拠が足りないと不起訴処分にしたものを検察審査会が二度起訴すべきと結論し、今回やっと強制起訴の運びとなりました。

 あれだけの大事故を起こしながら、これまで誰も責任をとってきませんでした。これまでに政府や国会の事故調査委員会で、三人については調査が行われてきましたが、詳細な発言は公にされてきませんでした。

 今回の起訴で、三人が事故に対してどんな認識を持ち、どんな対応をしてきたのかが裁判で明らかになれば、事故の真相とどこに責任があったのかも明らかになるのではと期待します。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

市民フォーラム&特別フォーラム「東日本大震災、5年目の現実」

ファイル 670-1.jpg

○市民フォーラム
日 時 3月6日(日)午後2時
場 所 二十世紀が丘市民センター 
住 所 松戸市ニ十世紀が丘中松町2 
参加費 無料

○特別フォーラム「東日本大震災、5年目の現実」
日 時 4月10(日)午後6時30分
場 所 松土市民劇場 大ホール
住 所 松戸市本町11-6
講 師 南相馬市長 桜井 勝延 氏
参加費 無料

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー