記事一覧

まるで第一次安倍内閣の最期を見るような、いまの自民党の姿

2月19日(金)

予算委員会の議論を聞いていましたが、相変わらず噛み合わない議論が続いていました。どうして噛み合わないのか、その原因の一つが数字です。

質問者がある経済的な数字に関して質問をする、その数字に対して政府の考え方を述べる、そして質問者がこの見解に対して、また質問を重ねる、こうして議論が深まっていくというのが本来の姿です。

しかし、実際の議論では、質問者が示した数字に直接答えるのではなく、自分の都合のいい数字を持ち出してきて、自分の考え方を述べ、もともとの数字に対する質問に対しては何も答えないという、言い合いが繰り返されている。これでは、いい議論を期待してテレビをいていた多くの国民も失望したのではないでしょうか。

 例えば、民主党政権時代の実質経済成長率の平均は1.7%であったのに対し、安倍政権になってからの成長率は0.4%しかない、経済成長を目的としているアベノミクスは失敗したのではないか、という野田前総理の質問に対し、安倍総理は、直接、答えるのではなく、大事なのは実質成長率ではなく名目成長率だ、民主党はデフレを脱却しないでいいと思っているのか、と答える。これでは議論になりません。

 名目成長率は実質成長率に物価上昇率を加えたものです。安倍政権はデフレ脱却を目標にしていますから、この間、物価は上昇しました。したがって、名目成長率は民主党政権時代よりも上昇しています。それを安倍総理は言いたかったのかもしれません。

 しかし、デフレ脱却の本当の目的は経済成長力を高めることです。物価が上がっても賃金の上昇がそれに追いつかなければ実質賃金は下がります。事実、この4年間実質賃金は下がりっぱなしです。

これではGDPの6割を占める個人消費が増えるはずもなく、企業の設備投資も増えない、結果として経済は成長できない、それをどうするのかというのが、本来の質問の主旨だったはずですが、それには結局答えることをしませんでした。これでは議論の深まりようがありません。

 私も国会質問の時にいつも感じていましたが、結局、政府は言いたいことだけを言って、自分に都合の悪いことには答えない、最後は時間切れになる、この繰り返しですから、国会の議論からは何も生まれないということになってしまったのではないでしょうか。

 国会の答弁の無茶苦茶ぶりや、自民党議員の相次ぐ失言、失態を見ると、まるで第一次安倍内閣の最後の頃をみているような気がします。違うのは、あの時は国民が自民党にすっかり愛想をつかし、政権交代につながりましたが、今度は、これでも支持率が落ちないということです。

 その原因の一つは民主党にあります。民主党も自分の魅力なさを反省しなければなりません。

 ご意見・ご感想はzxe04624@nifty.ne.jpまで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー