記事一覧

甘利氏の不自然な記憶

1月29日(金)

 昨日、甘利大臣が辞任しました。現金を受け取ったことを認めたわけですから辞任は当然ですが、この間のマスコミの報道ぶりに危うさを感じます。

 まず、昨日の会見ですが、肝心のことをどうも聞いていない気がします。つい先日の国会での追及に対して「覚えていないので、記憶を整理して後日お答えする」と甘利氏は答えていました。

 そして昨日です。菓子折りと一緒に現金を受け取った、最初は熱心な支援者からの献金、次は病気見舞いも兼ねたご祝儀ということで受け取り、政治資金として処理するように秘書に指示したと述べました。

 政治資金として処理するように秘書に指示したのに、覚えていないとは不自然な話です。忘れていたのならそのまま放置されていたはずなのに、昨日の会見ではかなり明瞭に覚えていることが明らかでした。

 この間に何があったのか、それは行方不明の300万円にある気がします。政治資金に記載されていない300万円をどう処理するかで、時間が費やされたのではないのでしょうか。

 秘書が消費してしまったということにしたようですが、献金を横領するような秘書を甘利氏は雇っていたのでしょうか。俄かには信じられません。

 もう一点、秘書はUR側の職員と12回も会っているということです。補償金の話はしていないということになっていますが、では何を12回も話したのでしょうか。現金を渡した方は、明確に口利きを依頼したと述べています。

 渡した人物から何回も接待を受けていた秘書がUR側と補償の話をしていないと考える方が不自然でしょう。

 この間、自民党では録音されていたなどをあげつらって、陰謀説が流されました。あたかも甘利氏は被害者であるかのようないいぶりでした。昨日の会見でも、甘利氏を被害者にして終わらせようという意図が良く分かりました。

 職務権限があるかないか、は別にして、安倍側近で有力閣僚の秘書から話があれば、URでも国交省でも対応せざるをえません。わざわざ請託をしなくても、相手側が意向を忖度して処理するということは十分あります。

 実際に、2億数千万円の補償金がでている。でも依頼側はもっと欲しいという要望をだし、それが受け入れられなかったから今回の、暴露になったのではないでしょうか。徹底的に解明しなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー