記事一覧

6日連続の株価下落、アベノミクスのツケが回ってきた

ファイル 660-1.jpg

1月12日(火)

 今日は市川駅で駅立ちをしてきました。昨日までのぽかぽか陽気とはうって変わって厳しい冷え込みで、午前7時ごろには雪も舞いました。それでも、沢山の方から声を掛けて頂き励みとなりました。明日は北松戸駅で、明後日は本八幡駅で駅立ちを行ないます。

 さて、株価が今日も値下がりしました。6日連続の値下げで株価は1万7千円台前半〈1万7218円〉にまで下落しました。

 株価が下落する理由は様々あります。今回の値下げも中国経済の先行きが暗いとか原油価格が下がっていることや円高などが上げられています。

 しかし、いろいろ理由をつけても日本株が下がっているのですから、日本経済が新年早々、あまりよくないというのは間違いないでしょう。マスコミは色々な数字を出して、説明をしますが、どの統計を取るかによって結果は全く違ったものになることもあります。だから簡単に政府の言うことを信用する訳にはいきません。

 株式市場には年金基金の資金が導入されています。国会でもこの株価下落で含み損が膨らんでいるのではないかという質問が出ましたが、安倍さんは例によって、短期的に見るのはなく長期的に見てくれと強気に答弁していました。

 株価は相場ですから変動します。安倍さんが言うように上る時もあれば下がる時もあります。だから絶対に下がってはいけない年金の資金は株価に投入してはいけないというのがこれまでの決まりでした。

でも安倍さんはここでもタブーへの挑戦とばかり、株に手を出してしまいました。損失を出しても総理大臣が責任を取るわけではありません。無責任というしかありません。

ところで、どうして景気が上向かないのか。全体的に言えば人口や労働力がだんだん減っていくのですから、経済成長が止まるないしは、横ばいになるというのは避けられません。

しかし、安倍政権はこれを無理矢理成長させようとしています。それがアベノミクスです。大企業を成長させればいずれ中小企業も成長し、さらにその後でそこで働いているサラリーマンにも恩恵が及ぶというのが、いわゆるトリクルダウン政策です。

だから、安倍政権は大企業の業績を上げるために無制限の金融緩和を行い円安誘導を行なったり、今年は法人税減税を導入しようとしています。

いずれも無理筋です。出回りすぎた金はいずれ回収しなければなりませんが、どう回収したらいいか方法が見つかりません。そのツケは全て国民に回ってきます。

 国民生活を無視しているアベノミクスの本質がここにあります。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー