記事一覧

憎悪の連鎖を断ち切らなければなりません

11月26日(木)

 トルコ軍機がロシア軍機を撃墜しました。領空侵犯があったのかどうか、私には確認のしようがありませんが、とにかくロシア軍機が撃墜されたことは確かです。

 ロシアは報復をほのめかしていますし、トルコも領空侵犯があったと謝る気配はありません。この先、極めて不安定な状態が続くはずです。

 ちょうど、NHKのBSで「映像の世紀」という番組が放映されています。19世紀末から第一次世界大戦に至るまで、第二次大戦が勃発するまで、第二次大戦で起こったことと、生々しい映像と共に、検証がなされています。

 今考えれば避けられた対立が、次々と深刻化し第一次世界大戦が勃発しました。戦争に行く兵士はそれほど、深刻な大戦にまで至るとは当初考えていなかったのが、未曽有の被害を出す戦争にまでなってしまいました。

 あれほど酷い結果となったのですから、ヨーロッパでは、もう二度と世界を巻き込むような戦争を起こしてはいけないと決意したはずです。ところが、僅か20数年で第二次世界大戦が起こってしまいました。

 一次大戦よりももっと酷い被害が出ました。世界で約6500万人が戦死しました。そのうち4000万人が非戦闘員だったということです。

 この反省に立って今の世界があります。これだけ酷い目にあったのだから、もう第三次世界大戦など起こりようがないだろう、と簡単に考えてしまいがちですが、あの映像を見ると、人間は煽られれば簡単に、常識を捨て憎悪の連鎖に走ってしまうことが分かります。

 だからこそ心配です。今起こっていることが、世界大戦につながるはずはないと断定できるでしょうか。ISに対しては意見が一致していても、シリアのアサド政権に対しては意見は真っ二つに割れています。

 近くにはパレスチナとイスラエルがあり、この両国を巡っても世界の意見は対立しています。いつどんな原因で、憎悪の連鎖が稼働しないとも限りません。

 パリのテロで妻を殺されたフランス人ジャーナリストのブログが胸に沁みます。「憎しみという贈り物をあげない」。こんなことは簡単に言えることではありません。私にはとても言えませんが、でも、この憎しみを憎しみで返さない姿勢が、大事なことは良く分かります。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー