記事一覧

文明の対立にしてはいけない

11月19日(木)文明の対立にしてはいけない

 何やら、世界が一斉にきな臭くなってきた感じがします。
 
 パリでテロが起き、オランド大統領が戦争だと叫び、ISに報復爆撃を行いました。歩調を合わせてロシアも、ロシア行き旅客機の墜落原因がテロと断じ、ISへの爆撃強化を表明しました。英国もイラクだけにとどめていた空爆をシリア領内に広げることを明言しました。

 次いで、パリ郊外でテロリストが潜伏していたアパートを、治安部隊が攻撃し銃撃戦が展開されました。同じころ米国でエアフランス機に対して爆弾予告が行われ、二機が緊急着陸しました。

 スポーツの国際試合は相次いで中止になり、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンも重武装した兵士が厳戒態勢をしく、と伝わってくる映像は、世界中があたかも戦争状態であるかのようなものばかりになっています。

 報復爆撃をすれば、そこでテロとは無関係の市民が死傷します。一人、爆撃で亡くなれば、そこで、また新しいテロリストが生まれる可能性があります。かくして、爆撃、テロリストの誕生と、報復の連鎖で世界はだんだんに行き詰っていき、最後は世界中で戦争がということにもなりかねません。

 ハンチントンは冷戦後の世界をイデオロギーの対立から文明の対立が主流になると指摘しました。ISは空爆する欧米諸国を十字軍になぞらえ、テロ攻撃をイスラムのジハード(聖戦)と正当化しています。

 分明の対立にしてしまえば、世界中でキリスト教徒とイスラム教徒が争うことになってしまいます。キリストとイスラムのマホメッドは両者とも預言者として位置付けられています。

 イスラエルのエルサレムに行けば、キリストが処刑された場所と、マホメッドが昇天したとされる場所が隣同士だということが分かります。つまり、キリスト教とイスラム教は兄弟同士といってもいいような近い関係にありました。

 キリスト教もイスラム教も、宗教ですから人間が安らかに生きることを求めているはずです。それを対立構造にもっていっても、いいことはなにもありません。文明の対立になってしまえば、どちらかが滅びるまで戦い続けることになり、世界は破滅します。

 そうならないためには、冷静さが必要です。怒りに身を任せ報復合戦を続ければ、被害を最も受けるのは一般市民です。

 緊張と恐怖の中で暮らしたいと思う人はいません。文明の対立にしないためには政治家に任せておけません。宗教指導者同士の話し合いが必要です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー