記事一覧

暴力の連鎖ではテロは止まらない、市民の集会に公安が押しかけるとは

11月15日(日)
 
 パリから悲惨なテロのニュースが入りました。一般の市民を無差別に殺戮する、どんな理由をつけても許されることではありません。

 オランド大統領は「これは戦争だ」と発言しています。当該国の大統領として、気持ちは分かりますが、これでは、9.11の時に、これは戦争だといった当時のブッシュ大統領と一緒ではないか、まず思いました。

 米国は9.11を機にテロとの戦争ということで、アフガンに爆撃をしかけ、イラク戦争に突入しました。

 では、その結果、テロは無くなったでしょうか。大量兵器があるというウソの情報をもとにイラク戦争を行い、イラクは無秩序状態に追い込まれました。その中から生まれたのが、他でもないISです。

 パリのテロはISによって起こされたとものです。直接、ISが起こしたのではなかったとしても、ISの影響のもとに起こされたテロであることは確かです。つまり、9.11の報復が今度のテロを招いたといっても過言はありません。

 米国のISへの空爆は無人機によってなされています。我々は映像で地上での破壊の様を見るだけです。地上で実際にどんなことがおこっているのか、誰が被害を受けたのか、知りようもありません。

 結婚式を誤爆したとか、国境なき医師団の病院を爆撃したとかいうニュースは流れてきますが、一般の爆撃で、どれくらい一般の市民が犠牲になっているのか、知りようもありません。パイロットもいないのですから、攻撃側からも確認することはできません。

 無人機によって、誰にも知られることなく死んでいく市民がいると思うと心が塞ぎます。だから、テロで報復してもいいと言っている訳ではありません。

 武力は平和をもたらさないということです。オランド大統領が戦争だと言って報復攻撃をすれば、それはまた、次のテロを産むだけだということです。

 ISを誰が指導しているのか定かには分かりません。でも、どうしても攻撃される側と攻撃する側が話し合わなければなりません。これ以上、普通の市民が犠牲になるのを放置するわけにはいきません。そこにこそ我々は力を集中しなければなりません。

 ところで、今日は、浅草公会堂で行われた「戦争法撤廃、改憲阻止、いまこそ安倍政権を打ち倒そう!11.15怒りの大集会」に行ってきました。日曜日にもかかわらずたくさんの人が集まりました。

 そこで驚いたことが一つありました。公会堂の前に公安の刑事が山をなしていたことです。観光客も何事だと見ていました。露骨な嫌がらせです。

 市民の集会に、公安が押しかけ、何か悪いことをしているように圧力をかける、こんなところにも安倍政権の性格が表れていると極めて不愉快でした。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー