記事一覧

なぜ、安倍政権の支持率が上がるのか

10月19日(月)

 土、日と地元の会合に出席してきました。集会に参加してくれた人たちは、依然として安倍政権のやり方に憤りを感じ続けていますが、残念ながらそうでない人たちは、もう安倍政権のあの酷いやり方を忘れてしまったのでしょうか。
 
 どうしてこんな疑問が湧くのかと言えば、世論調査を見ると、安倍政権の支持率が回復しつつあるというのです。
 
 今日のテレビ報道によれば、不支持の方が多かった安倍政権の支持率が逆転し、再び支持の方が上になったというのです。
 
 憲法を無視して安保法制を成立させてから、まだ一ヶ月しかたっていません。本来であれば、国民の怒りは増していき、安倍政権打倒にまで向かわなければいけないはずですが、実際には、支持が多数派を占めてしまったというのです。
 
 私には到底理解できません。安倍政権は内閣改造を行いました。中には何人も資質が問われている閣僚がいます。安保法制で質問されたくない、あるいは資質を問われている閣僚が失言するのが怖い、などという理由で、安倍政権は臨時国会さえ開こうとしません。
 
 野党から要求されれば、開かなければならない臨時国会を開かないという理由だけでも、安倍内閣は政権を担う資格がありません。その内閣の支持率が下がるのではなく逆に上がってしまう、一体どうなってしまったのでしょうか。
 
 TPPもマスコミは利点があるように報道し、マイナス点については鋭く言及していません。景気が悪化しているにも現実にも目をつむって、景気がいいかのような数字だけ大きく報道しています。
 
 全体とは言いませんが、一部のマスコミが政府によって操作されているのは否定のしようがありません。最近の政治番組を見ても、出ているのは自民党の政治家が極めて多いです。与党の言い分ばかりを流していれば、世論が与党寄りになっていく傾向があるはずです。
 
 それにしてもです。支持率が上がる要素はないはずです。とすれば、原因は野党にあるはずです。私のところに来ているメールで最近多いのは、民主党が共産党が呼びかけた野党共闘に積極的ではないのではないかという指摘です。
 
 自民党の横暴を抑えるためには、野党が共同で戦うしかありません。立憲主義を否定し、原発再稼働をどんどん進め、沖縄県民の意思を無視して辺野古移転を強行している安倍政権に対し、この三点で共同して対応するというのが国民の願いではないでしょうか。
 
 民主党の責任は重大です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー