記事一覧

辞めない礒崎に、戦争に行け、発言の武藤

8月4日(火)

 礒﨑総理補佐官が昨日の参議院予算委員化に参考人として出席し、「誤解を招いて申し訳ない」と陳謝し、職は辞さない旨、表明しました。

 自民党の議員は失言すると、よく誤解を与えたことを謝罪するという言い方をします。しかし、今回の礒﨑発言は、「考えなければいけないのは我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない」というものです。

 礒﨑氏の発言は「時の内閣の判断は憲法を超える」という信念に基づいた発言です。もとより立憲主義を否定している発言の延長線上に、法的安定性は関係ないという発言が出てきた訳です。だからここに誤解の余地はありません。
 
 したがって、誤解を招いたというのは欺瞞以外の何ものでもありません。国民に対してウソを言って、そのまま地位に留まろうというのですから悪質です。
 
 この礒﨑氏を解任しないのですから、安倍総理も同じ考えをもっているということを国民に表明したのと同じです。
 
 礒﨑氏は有事法制を作り、秘密保護法を作り、自民党の憲法改正法案を作り、今回の安保法制でも主導的役割を演じたと報じられております。まさに安倍総理の懐刀的存在で、一心同体と言っても過言ではありません。
 
 だから、礒﨑氏を切れば、自分にも害が及ぶと、安倍さんは切ることを止めたに違いありません。また、礒﨑氏は、安倍総理は簡単に言いくるめられるから、国民も、同様だと考えたに違いありません。世論を甘く見てはいけません。
 
 この人を含めて、安倍内閣には一日も早くやめてもらわなければなりません。
 
 こんなことを考えているときに、また自民党の若手議員のとんでもない発言が飛び込んできました。

 学生が自主的に立ち上がり、安保法制に反対している「SEALDs」に対し、「彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく」と批判しました。
 
 私は政治家の最も大事な仕事は国民を戦争に巻き込まないことだと思っています。戦前に赤紙一枚で多くの若者が戦場に連れていかれて戦死しました。私も戦争にだけは行きたくないと思ってきました。
 
 戦争にいい戦争も悪い戦争もありません。戦争は全て悪です。その戦争に若い人たちが行きたくないと思うのは当然で、それを利己的というのは一体どういう神経をしているのでしょうか。

 この政治家は武藤といいます。過日、物議をかもした、報道規制をしなければいけないという自民党の「文化芸術懇話会」のメンバーだそうです。こんな若手政治家が一人だけではないことに、いまの日本が置かれている酷い政治状況があります。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー