記事一覧

大学教育まで変えようとしている安倍政権の暴走

7月24日(金)
 
 文科省はもともとおかしい省ですが、最近はそのひどさが一段と目立ってきています。
 
 オリンピックの競技場建設を巡るごたごたも、もとをただせば文科省がしっかりしていなかったからということに尽きます。

 そして先日は国立大学に対し、経済に役立たない教職課程や、文科系教科を見直すように指示を出しました。

 国立大学には戸惑いが広がっているといいますが、何しろ、予算を握っているのは文科省ですから、いかに理不尽な通達といえども、無視するわけにはいきません。なかには、本当に通達に沿って見直しをしようとしている大学もあるようです。

 大学は経済界の為にあるのではありません。自由に学問をする。その学問は政界や、経済界から独立をしていなければいけない、というのがこれまでの常識でしたが、文科省は、こんな理不尽な要求をすれば、大学が変わると考えているのでしょうか。

 また、本当に文科系の学科を無くしてしまえば、経済界に役立つ学問が発展すると考えているのでしょうか。

 幅広い人材が育成されてこそ経済も発展します。がつがつと成果ばかり求めていたのでは、人材は育ちません。そのなれの果てが文科省の人材と言っても過言ではありません。

 大学がこんな通達で変わってしまったら、大学そのものの存在意義がなくなってしまいます。どうしてこうした発想がでてくるのか想像すらできません。
 
 これも安倍政権だからです。安倍政権は大学の軍事研究に防衛省から資金援助することも決めています。大学を軍事の基礎研究部門に組み立てなおそうという意図のようです。

 そして将来は大学の基礎研究を活かして優秀な武器を創り、それを輸出に回して経済を立て直す、そんな夢を安倍首相は見ているのかもしれません。

 軍事のことしか考えられない安倍政権の末期症状が見て取れます。

 道徳教育も始めるそうです。憲法というルールを無視している内閣、学の独立を認めない文科省が、一体どの面下げて、道徳などと子供たちに言えるのでしょうか。呆れてものもいえません。

 早く安倍内閣を打倒しないと、本当におかしな日本になってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー