記事一覧

安倍内閣の支持率を下げて安保法案を廃案に追い込もう

6月17日

今日、18歳選挙権法案が成立しました。これで次の参議院選挙から18歳の若者の投票が始まります。
 
私の18歳の頃は政治意識が高まっていた頃でした。ちょうどベトナム戦争真っ盛りで、日本から多くの米兵がベトナムへと出陣していきました。何も反対をしないことは間接的にベトナム人を殺しているに等しい、との思いから反対運動をしていたのが、ちょうど18歳から20代の頃でした。
 
それを考えると18歳の若者に投票権を与えるのは早すぎるということにはならないと思います。選挙運動をやっていて一番手を振ってくれるのは中高校生ですから、しっかりと学校で投票の意味を教えてくれれば、投票率が上がるのではと期待してします。
 
いま、国会で議論されている安保法案によって将来が最も影響を受けるのが、いま、中学、高校に通っている子供たちです。決めている国会議員は実は、集団的自衛権が発動されて戦地に行くなどということはありません。実際に戦場に駆り出されるのは、いまの子供たちやそのまた子供たちです。
 
集団的自衛権を行使するかどうかについて、一票を行使して意思表示をしていない子供たちが、最も影響を受けるのですから理不尽です。子供たちや自衛隊員の皆さんの声を自民党、公明党の議員はもっと真剣に聞くべきです。
 
テレ朝が行った憲法学者に対する調査によれば、ほとんどの学者が、現憲法の下で集団的自衛権を行使することはできないとの回答でした。本当に安倍内閣は多くの反対する国民の声や学者の声を無視して法案を通してしまうつもりなのでしょうか。なんと思い上がった政権でしょう。
 
内閣支持率もようやく下がってきました。これが一気に30%台にまで下落すれば、安倍内閣も強硬姿勢を改めざるをえなくなるのではないでしょうか。子供たちに顔向けができないような法案は絶対に阻止しなければなりません。

ご意見ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー