記事一覧

もっと国連改革に真剣に取り組まなければいけないのでは・・・

安倍政権が憲法を変えようと本格的に動き出しています。私は憲法9条は守らなければいけないし、憲法9条を世界に広めていかなければいけないと考えています。
憲法9条を改正したいと考える人の中には、9条があるからといって世界平和のために何もしなくてもいいのか、という批判をする人がいます。
もちろん日本は世界平和のために何もしなかったわけではありませんでした。資金を世界に拠出し、途上国のインフラ建設に貢献してきましたし、人材を世界中に派遣し、教育、医療、農業などの分野で支援を行ってきました。
多くの場合、紛争の最も根本にあるのは貧困でした。したがって貧困をなくす努力をすれば、紛争も相対的に減るということがありました。いまでも基本的な構図はかわっていませんが、グローバリズムの進展や宗教対立の激化とともに、貧困問題だけに取り組んでいたのでは世界平和を維持できなくなってしまいました。
国内問題や二国間問題と考えられていた問題でも、いまやその国内や二国間だけでは解決できなくなってしまいました。
問題を解決するためには個々の国という立場を超えて考えられる国連を立て直す必要があります。もちろん、国連改革だけでは世界平和を達成することはできませんが、とにかく世界の国が一堂に会する国連がきちっと機能するようにすることが必要です。
いまの国連は第二次世界大戦の戦勝国が安保理の常任理事国になっています。常任理事国に拒否権を与えてしまったのが最大の誤りでした。米ソ冷戦時代に米ソの意見が一致するということは考えられませんでした。現在はここに中国、EUも加わり、紛争が起こった時に全会一致の結論がでることはまずありませんでした。
安保理事会の全会一致の結論がでれば国連軍を結成することが出来ます。でもこれまでに国連軍という名前は使われたことはありましたが、本当の国連軍は一度も結成されたことがありません。
本来は国連軍が世界の警察の役割を果たし、ならず者が出た場合、力を行使して世界平和を守るというのが理想でした。そうなれば一つ一つの国は軍隊を持つ必要がなくなります。警察があるので私たちの家庭が自分で武装して自分の家を守らなくていいのと同じです。
しかし、国連軍が出来なかったので、米国が“世界の警察”を自認し軍事力を行使してきました。どこかの国の政府が悪いことをした場合には米国がでていって成敗するという行動をしてきました。でも米国は国益を守るために行動してきたのも事実です。したがって、多くの過ちもしてきました。ベトナム戦争やイラク戦争などはその典型です。
スーパーコピー時計
ロレックス時計スーパーコピー
ウブロ時計スーパーコピー
パネライ時計スーパーコピー
ルイヴィトンバッグスーパーコピー
ルイヴィトン財布スーパーコピー
米国に任せておけばいいというわけにはいかないのです。やはり、世界の全ての国で構成される国連をきちんと改革するしかありません。できた時から言われてきたことですが、いまだに国連改革の端緒にもついていません。
 拒否権がある常任理事会が機能しないのなら、国連総会で多数決で結論を出して、それに従うようにすればいいという意見もあります。しかし、これも10億人の人口の大国と100万人の小国が同じ一票を行使するということでいいのかという問題が残ります。
 来週から始まる安保法制の国会審議では米国との関係が主として論じられようとしています。国連改革についても是非、議論してほしいと思います。また、米国が誤った判断をした場合、どうするのかという議論もしなければなりません。ことは命にかかわることです。全ての問題を徹底的に議論することがまず必要です。
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー