記事一覧

大阪住民投票、大阪都否定、橋下氏政治家辞任へ

昨日の大阪の住民投票で、橋下市長が提案する「大阪都構想」が否決されました。
 この投票は二つのことが問われたと思います。一つは言うまでもなく、都構想そのものです。もう一つが住民投票にかけることも含めて橋下氏の強引な政治手法についての是非が問われたと私は考えています。
 都構想はいいけれど橋下的政治手法には賛成できないという人もいたでしょうし、その逆に都構想には反対だけど橋下氏を支持しているから賛成という人もいたでしょう。全体はほぼ同数という結果でしたが、ともかく一票でも多い方が民意という民主主義の原則によって、都構想は否決されました。また、負けた橋下氏は政界引退を表明しました。
 橋下氏は発進力のある政治家でした。歯切れはいいし、シロかクロかを迫る手法は、小泉元総理を彷彿させるものがあります。激しいことを言う割には童顔でどこか憎めないところがあり、それが人気のもとだったと思います。
良くも悪しくもこの7年間、大阪のみならず、全国が橋下氏によってかき回され続けてきたことは確かです。それに終止符が打たれて、もっともがっかりしているのは“盟友”の安倍総理だったのではないでしょうか。憲法改正に熱心だった橋下氏が引退すれば、安倍総理が強引に進めている一連の日本改悪にブレーキがかかるのは間違いありません。
一人の政治家に日本中が騒がされるのは健康な状態とは言えません。それが今回のことで解消されるとすれば、今回の住民投票は意味があったと思います。
大阪都構想については、二重行政を止めなければいけないことに異存を唱えるひとはいないでしょう。しかし、大阪都にすれば二重行政が解消されるのかと言えば、その保証は何もありません。逆に、大阪府と大阪都に分かれて、さらに特別区と二重行政が進む危険性もありました。
問題提議が橋下氏によってなされ、投票率を見ても多くの方が関心を持ったことは事実です。どうすれば二重行政を解消できるのか、これからも真剣に考えなければいけないと思います。
さて、今回のことが今後の政局にどんな影響を与えるかです。共同代表だった江田さんも辞意を表明しました。したがって、維新の会の影響力が低下することは間違いありません。ニュースでは野党再編に及ぶのではという話もでていますが、そう簡単に再編ができるはずもありません。
当面、集団的自衛権行使の法案審議に向けて民主党と維新の会が連携できる余地は広がったと思います。維新の会の議員が何を考えているのか、いままで橋下氏の存在が大き過ぎて話題にもなりませんでした。これからは維新の会の議員一人一人が何を考えているのかに注目をしていかなければいけません。その上で考え方が民主党に近い議員と関係を深めていく、そこから始めるのが筋でしょう。
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー