記事一覧

4月30日(木)安倍総理大臣は“大統領”になったのか

安倍総理は自分が大統領になったと思っているのではないかと、最近つくづく思います。大統領は国民から直接選ばれますから、どこの国でも元首扱いです。これに対して日本の総理大臣は国会議員から間接的に選ばれているに過ぎません。
 したがって、大統領と総理との権限には自ずと違いがあります。大統領は通常、任期があり途中で職を解かれることはありません。総理は不信任案が可決されれば辞職か解散を選ばなければなりません。当然、権限も大統領は大きく、総理は国権の最高機関としての国会に縛られることになります。
 今回の訪米で自衛隊が米軍と一緒に世界中で行動するという日米ガイドラインの抜本的な改正がなされました。本来ならこれほどの改定であれば、おおもとの日米安保条約を改正しなければなりませんが、そんな議論もなかったようです。条約を改正するには国会での承認が必要ですが、そうした手続きは一切なく、”安倍大統領“とオバマ大統領との会談で決定しました。
また、ガイドラインを実施するには集団的自衛権の行使が前提となります。それなら何回も指摘していますが、根本の憲法を変えなければいけないはずです。正規の論議をしないまま、一連の出来事が安倍総理の一存で行われてしまいました。
 もちろんどこの国の大統領と言えども、こうした大きな国の方針の変更をするときにはきちんと国民に説明もし、議会で論議をしなければなりません。安倍総理は大統領でもないのに、自分の思い込みでこれら一連の変更を、いわば勝手に行ってしまいました。この点を私たちも、マスコミはもっときちんと批判しなければなりません。
 今回の訪米では総理の議会での演説内容に焦点が当てられました。安倍さんが村山談話を継承するかどうかとか、従軍慰安婦問題に触れるかなどが注目されましたが、安倍さんの本音は第二次大戦における日本軍の行動は他の戦勝国に比べて特に悪くはなかった、ある意味しょうがなかったという点です。
また、アジア諸国に対して,悪いこともしたけれど、いいこともしたという思いが安倍さんの根本にあります。だから一方的に反省する必要はないという言動になって表れます。そこを突かない限り、一語一語に注目して批判しても意味はありません。
安倍さんは自分は歴代の総理とは違う、二度も選ばれたのだから自分には大統領並の権限があるという思い込みによって、日本という平和国家の枠組みをどんどん変更しています。
本当にそれでいいのかどうか、連休中、じっくりと国民は考えてみなければいけません。景気がいいとか悪いとかいう問題と次元が違う問題です。
ご意見・ご感想は「zxe04264@nifty.com」まで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー