記事一覧

先週はイベントが盛りだくさんでした

ファイル 584-1.jpgファイル 584-2.jpeg

4月7日(火)
 先週の木曜日に大木トオル先生を講師に招いて松戸市民劇場で「動物愛護特別フォーラム」を開きました。日本でセラピードッグ1号になったチロルは松戸で捨てられた犬を大木さんがセラピードッグに育成したという話から始まり、セラピードッグによって失語症に陥っていた高齢者が言葉を回復した例や、手足が不自由な高齢者が、セラピードッグと交流しているうちに自然と手足が動くようになった例などが紹介されました。
 セラピードッグ育成のポイントは、保護センターで殺処分をされる犬を救って、セラピードッグに育て上げることにあります。つまりセラピードッグ育成と同時に、殺処分をされる犬を救うという二つの目的を同時に果たしているわけです。
 私は3年前に衆議院の環境委員長として動物愛護法の改正を行いました。動物愛護法は議員立法ですから委員長が提案者となります。
私も「犬猫等の殺処分を禁止する議員連盟」を作って活動しており、ちょうど、タイミングよく環境委員長の時に改正を担当することになり、何とか、前回の改正で「犬猫の殺処分」を法律によって禁止しようと努力しました。
しかし、殺処分を禁止するには各県にある保護センターという名前の殺処分場を、里親を見つけるセンターに作り替えるなどの費用が掛かります。その予算がきちんと計上されていない段階で、法律に書き込むことはできないということで、殺処分は原則として禁止するという精神だけを書き込めただけで終わってしまいました。
 次回の改正が2年後に行われますが、次にはきちんと予算措置をとって日本から殺処分をゼロにしなければなりません。当日のセミナーでも大木さんの熱意で岐阜県で殺処分がゼロになったことなどが報告され大いに励まされました。
 当日はセラピードッグの訓練の仕方なども披露されました。また、大木さんの手で立派にセラピードッグに成長した福島の被災犬も登場しました。平日の夜だったので、残念なことに入場者が少なかったです。
 友達を連れてくればよかったという話を沢山聞きました。大変、いい話だったので、もう一度大木さんにお話しいただく機会を作ろうと思いますので、今回これなかった方、乞う、ご期待。
 翌日の3日は統一自治体選挙の告示日でした。松戸は県会議員選挙が行われます。私は安藤じゅん子さんの出陣式に出ました。全国のトップを切って岡田代表が北松戸駅にかけつけました。
 さらに5日の日曜日には蓮舫さんが安藤さんの応援に松戸駅に駆け付けました。雨の日曜日だったにもかかわらず、多くの方が詰めかけてくれました。
 選挙は今週いっぱい行われ、12日の日曜日が投開票日となります。投票所に足を運ばない限り、政治は良くなりません。
ご意見ご感想は「zxe04624@nifty.com」まで 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー