記事一覧

脆い土台の上に乗っている世界平和

3月17日(火)
 ロシアのプーチン大統領がクリミア半島をロシアに編入しようという問題が勃発した時に核兵器の使用を考えていたという報道がなされました。
 核兵器は存在しても実際に使用はされない、最早、使用を前提としない絵に描いた餅になっているものと思っていたのが、実際には核のボタンを押す権限をもった人物が、簡単に核兵器を使うことを考えていたという事実が報道され、改めて昔あった核の時計が大きく再び進められてしまったという感を強くしました。
 実際にはロシアでも核使用に関して、国家の安全が脅かされそうな事態になった時とかいう厳しい制約が掛けられているということ報道も成されています。また、どこにいてもロシア人はどんな手段を用いても守るんだという強い政治的決意を内外に表明するために核使用を持ち出したという解説も新聞では出されていました。
 こんな解説があるからと言って安心出来るわけではありません。ロシアという世界で最もたくさん核兵器を所持している国の大統領が、何であれ核兵器を使用する可能性について肯定をしたという事実に愕然とします。
 お隣の北朝鮮の指導者が核兵器についていろいろ挑発的な発言をしても、どうせ、脅しで実際に核兵器を使用できるはずはないと、高を括っていたところがありますが、やはり実際に核兵器を持っている国の指導者の考え方は違うかもしれないということが今度のことでよく分かりました。
 これでは、核拡散防止は核保有国にだけ有利だという批判が出てくるのも当然です。核を持たない国だけが脅威に晒されるのであれば、自分たちも核開発をしたほうがいいという、国が出てきても不思議ではありません。だから日本もというわけではもちろんありませんが、潜在的に核保有を目指している国にとっては、格好の口実を与えたことは確かです。
 かつて指導者の病気に関した本を読んだことがあります。世界を動かす指導者になるにはそれなりの年月が要ります。長い権力闘争の後に権力を握るのですから、実際に指導者の地位に就いた時に、体がガタガタになっていることが多々あることは想像できます。
 身体がしっかりしていない時には、判断力も鈍ります。そんな人が核のボタンを握っているのですから、いつ何時、偶発的に核戦争が起こってもおかしくないということを今度の事態は示しています。
 この不安を無くすには全ての核兵器を廃棄させるしかありません。それが達成されない限り、核の脅威は強まることはあっても弱まることはないでしょう。恐ろしいことです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー