記事一覧

民主党再生のために。私の新聞の新春号から

2月13日(金)
 昨日、安倍総理が施政方針演説を行いました。安倍さんの演説は聞いていても心に響かないところに最大の特徴があります。戦後最大の改革を行なうと大上段に構えるのですが、どう筋道をつけて改革を行なうのか、改革を行なった結果、国民生活はどう変わるのか、格差は改革によって拡大するのか、あるいは縮小するのか、といった肝心な点に関しては何ら納得ができる説明がない、だから心に響かないのだと思います。
 それもそのはずで、安倍さんが本当にやりたいのは憲法9条を含む憲法改正です。それについてきちんと触れないから、心ここにあらずの演説になってしまうのではないかと推察します。やりたいことはきちんと国民に説明をして理解を得なければなりません。それをしないで、なんとか曖昧のうちに、やってしまおうというのが最大の間違いです。
 先週、私の新聞を作りました。駅頭やポスティングで、地元にはお配りしますが、地元でない方も含めて、あらかじめ、ブログで紹介いたします。原稿を書いたのは2月の初めですので、ご了解ください。

*新代表に岡田さん*

みなさん、こんにちは。民主党の生方幸夫です。日頃のご支援に感謝申し上げます。
民主党の新代表に岡田克也さんが選出されました。岡田新代表の下、一致団結して再び政権を目指して頑張って参りますので、宜しくお願い致します。

*信頼の回復が出発点*

今度の代表選挙で確認されたことは、民主党に対する信頼が回復されていないということでした。政党に対する信頼がない限り、どんないい政策を作ったとしても意味はありません。だから、まず党の信頼を回復するために何をするべきなのか、そこを出発点にしなければなりません。

*約束違反を謝ること*

どうして信頼を失ってしまったか。消費税を上げないという約束をしておきながら、消費税を値上げしてしまったことが挙げられます。税と社会保障の一体改革のためには消費税を値上げしなければならなかった、という事情があったにせよ、国民との約束を破ったことは事実です。言い訳は何とでも言えますが、原点に立ち戻り、民主党として国民の皆様にお詫びしなければなりません。

*民主党は政権交代を目指す*

第二の批判に民主党は何をしたいのか分からない、というのも信頼を失った大きな点でした。マニフェストを作るなど努力をしてきましたが、結果として、何をしたいのかが見えなかったことは、やはり率直に反省しなければなりません。

*安倍政権は大企業、民主党は働く側に重点*
では、民主党は何を目指す政党なのか、そこをはっきりさせなければいけません。いま現在、安倍さんが政権を担っています。私達は政権交代をめざしているのですから、安倍政権と違う点をしっかりと主張しなければなりません。
なにより、安倍政権は人を使う側、すなわち経営者がやり易い政策を最優先している政治です。それに対して、民主党は働く側を最優先する政治です。さらに言えば、安倍政権は大企業を大事にする、一方、民主党は中小企業を大事にする政党です。この違いは大きいと思います。
ここから、経営者が使いやすい非正規労働者を増やしたり、残業代をゼロにする政策などが導き出されます。民主党は非正規を減らし、正社員を増やす政策を優先します。
さらに自民党は大企業向けの法人税減税を実施し、電力会社を救うため原発の再稼働を進めます。民主党は法人税の減税ではなく中小企業の税負担の軽減を求めおり、原発は2030年代にゼロにします。

*米国の弱肉強食社会ではなく欧州の共生社会をめざす*

また、安倍政権は新自由主義的かつ新保守主義的な考え方に基づき、規制撤廃、福祉削減、保守的道徳観の復活、自己責任、強い国家の再編成を目指しています。いわば、アメリカ型の弱肉強食の社会です。これに対して、民主党は所得再分配を徹底することによって格差をなくし、多様な価値観を共有した欧州型の共生・共助の福祉社会を目指しています。

*成長の柱は製造業ではなくサービス業*

もちろん、当面する経済政策も違っています。安倍政権はアベノミクスに代表されるように、金融緩和によって円安を誘導し、製造業の輸出を拡大させ、全体の底上げを図るとしています。昔の高度成長戦略が21世紀にも通じると思っているのです。これに対し、民主党は福祉・介護などのサービス産業や農業や漁業などの一次産業を高度化することによって成長を促そうとしています。

*アジア、憲法を大事に*

外交も違っています。安倍政権は米国とさえうまくいけば中国や韓国など近隣諸国とは厳しく対峙しても構わないと考えています。しかし民主党は戦後70年、過去の戦争をきちっと反省をし、中国、韓国などを含むアジア諸国や欧米諸国と共存共栄を図っていくことを第一としています。
関連して安全保障問題も自民党は憲法9条を変えて日本を軍事でも世界に貢献する社会にしようとしていますが、民主党は憲法の平和主義、国民主権、基本的人権の保障の三原則を厳守することを原則としています。

*民主党は政権を担える政党に生まれ変わります*

以上述べてきたことは、大原則です。自民党との違いを強調しなければいけない時もあるでしょうし、妥協を重視する時もあるでしょう。要は民主党が政権交代の選択肢になるということです。政権交代の選択肢がなければ政治に緊張感が生まれません。民主党は多様な国民の期待に応えられる政党に生まれ変わることを、皆様にお約束いたします。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー