記事一覧

最悪の結果となってしまった人質事件

2月2日(月)
 日曜日の朝、最悪のニュースが飛び込んできました。イスラム国に人質になっていた後藤健二さんが殺害されました。何も自分で自由にできない状況の中で、目だけで訴えていた後藤さんが哀れでなりません。
 事件の途中で「自己責任」という言葉がまた、取りざたされました。自分で勝手にイスラム国にいったのだから、政府が手を出す必要はないという、勝手な発言でした。国の大事な仕事の一つに自国民の命を守るというのがあります。どんな状況であれ、自国民の救出に全力を尽くすのが政府で、それを国民が支えるのが当然です。
 それでも、いまの日本では自己責任という言葉で、「自分の仕事で行ったのだから、自分で責任をとればいい」ということで片づけようとしている人がいるのは情けない限りです。
後藤さんのようなフリーのジャーナリストがいなければイスラム国を含む周辺の状況を私たちは知ることができません。新聞やテレビなどのメジャーのマスコミは危険地域に記者を派遣しません。
かつてベトナム戦争の時には多くの戦場カメラマンが戦闘の最前線で命を落としました。いまは記者でもカメラやビデオを持っていますから、かつての戦場のカメラマンと同じ役割を果たしています。危険地帯だからといって行かないわけにはいきません。そこに暮らす人々がいる限り、直接、出かけて話を聞くというのがジャーナリストの使命です。
後藤さんは現地の人と、世界の人のために出かけて今回の事件に遭遇しました。きっと人間を信じている人だったのでしょう。同じ人間なのだから話せば分かると思っていたのではないかと想像します。無念さはいかばかりだったでしょうか。
安倍総理は「テロの断固として戦う」と記者会見で述べています。もちろんテロは許されません。だが、同時に私は「後藤さんを救えなくて申し訳ない」という一言があってしかるべきだと考えます。安倍さんも救出のために努力はしたのでしょうが、後藤さんと湯川さんが人質になったと分かった時点で、すぐに手を打っていれば、こんな結果にならなかったのではないかと思えて仕方ありません。
安倍さんは人質救出のために自衛隊を派遣するということに前向きだと報じられました。しかし、現実に、世界に軍隊を展開している米国でもないのに自衛隊が遠い外国に行って人質を救出できるはずがありません。本当に、救出作戦を行なえるようにするためには、自衛隊を米軍並の軍隊にしなければなりません。この不幸な事件を、自衛隊の変質にすぐに結びつけようとする発想が、私には理解できません。
テロリストは許せませんが、テロリストを育てた貧困や差別にしっかりと目を向け、解決に向けて努力をしない限り、テロリストは無くなりません。日本がやるべきは、まさにこのことだと私は思います。
さて、昨日は「新春の集い」を開きました。サルは木から落ちてもサルだが、政治家は選挙に落ちたらただの人」と良く言われますが、私は「政治家は木から落ちても政治家でいつづけなければならない。将来世代のために政治家として頑張り続ける」と挨拶しました。たくさんの方にご参加頂いたことに感謝します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー