記事一覧

信頼の回復が、民主党代表の最初の仕事

1月19日(月)
 昨日、民主党の代表選挙が行われ岡田克也さんが代表に選ばれました。
昨日、岡田、細野、長妻の三氏の演説を聞いてきましたが、三人ともいい演説をしていました。
最初に演説をしたのは長妻さんでした。最も印象に残ったのは「日本の社会は格差が限界までに来ている。格差を何とかしてほしいという切実な声を選挙の時に何度も聞いた。安倍さんの新自由主義は自己責任を重視するが、共助と公助を組み合わせる社会のほうが活力を生む」という発言でした。
次の細野さんも「アベノミクスのトリクルダウン論法は限界に達している。民主党の使命は格差を縮小することだ」と強調し、選挙中に注目された野党再編についても「民主党を立て直すことがまず第一」とし、再編ありきではないという姿勢を示しました。
岡田さんは、細野さんらがまとめた「安全保障基本法」について、これでは自民党と変わらないと、否定、安倍政権の下での憲法改正論議には乗らないとしました。また、戦後70年、過去の戦争の反省の上にたってアジア諸国と共存共栄の関係を作り上げていかなければいけないと、安倍さんの不毛な対立路線を明確に否定しました。
最も訴える力があったのは長妻さん、勢いは細野さん、安定感は岡田さんといったところでしょうか。
でも私が最も感心したのは、三人とも安倍さんの右路線をはっきり否定し、格差を是正すること、働く側に立つことが民主党の原点であるということでは一致していたことです。また、信頼の回復が喫緊の課題であることも一致していました。
民主党は昨年、有識者を中心に党改革創生会議を作りました。その結論は民主党は「穏健中道を目指す」ということでした。三人とも、昨年の創生会議の結論に賛成をし、民主党が穏健中道路線を目指すことで一致できたことも良かったと思います。
もっとも私としては穏健中道は中途半端な言葉でやはり、リベラル路線を目指すと言って欲しかったのですが、実際の運動の中でリベラルが見えてくればいいと現時点では納得しています。
岡田さんは自民党出身ですが民主党にもう十数年います。長妻さんは私と一緒に1996年の選挙にでた生粋の民主党出身、細野さんも最初から民主党です。20年近く一緒にやってきたのですから、根本の考え方が同じというのは当たり前なのですが、それが代表選挙で確認された意味は大きいと思います。
ともかく、新しい民主党が野党再編路線ではなく、民主党を自主再建するということでまとまったことを評価します。何としても、もう一度政権を目指す党に民主党を作りあげていくために頑張っていきます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー