記事一覧

相変わらず、強者に重点を置いた予算編成

1月15日(木)
 今週の火曜日で新年の駅頭での挨拶が終わりました。天気の心配はありませんでしたが、寒さ対策が大変でした。朝方は氷点下になることもあり、1時間以上立っていると、かなり大変でした。
 代表選挙が行われていますが、新聞報道だけではどれくらい盛り上がっているのか分かりません。6区ではだれに投票したらいいのかという問い合わせがたくさんありましたので、それなりに盛り上がっているのだと思いますが、全国的にはどうでしょうか。
 民主党を立て直すにはかなり大胆な改革を行なわなければなりません。政策の刷合わせをすることなく野党再編で乗り切ろうとすれば、結局、また、再編をしなければならなくなります。自民党に対抗する政策をきちっと打ち出さなければ国民の支持は広がりません。それがわかっている人が代表にならなければいけません。
 さて、政府の来年度予算が決まりました。安倍さんの方針通り、強いものを強くすれば、弱い者も自然と強くなるという考え方が貫かれました。
政府の大事な機能の一つに所得再分配がありますが、安倍さんはどうも再分配には熱心ではないようです。本来であれば、一連の金融緩和によって潤っている大企業の法人税を引き上げ、円安で苦しんでいる中小企業の法人事業税を引き下げるべきなのに、その逆をやっています。
また、消費税値上げを先のばした結果、税収が減った分のしわ寄せが、弱者に向けられています。無年金者対策や年金受給者に対して行われる予定だった給付金の導入は見送られてしまいました。政治は本来弱者のためにあるという原則が、安倍さんには分かっていないようです。
今日、ベルギーでイスラム過激派に対する捜査が行われ、テロを企てていたとされる容疑者二人が射殺、一人が逮捕されました。日本では考えられない緊張感の中でヨーロッパの人は暮らしています。
風刺画を売り物にする出版社が襲撃をされ多くの人が殺されました。言論の自由が守られなければならないのは言うまでもないことです。
しかし、イスラム教の預言者ムハンマドに対して、繰り返し揶揄するような風刺画を掲載することについて私は疑問を持っています。ムハンマドはもうとっくに亡くなっている人です。
現在の人に対してムハンマド自身が脅威を与えたり、脅迫を加えているわけでは勿論ありません。その人を繰り返し侮辱するようなことはやはり慎まなければいけないと私は思います。
私は仏教徒ではありませんが、仏陀を侮辱されれば気分は良くありません。同様にキリストに対して誹謗されればやはり、気分は良くありません。言論の自由と同様に宗教の自由も守られなければなりません。
ご意見・ご感想はzxe04624@nifty.ne.jpまで

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー