記事一覧

身勝手な解散に、安倍政権敗北という結果を突き付けようではありませんか

11月12日(火)
 あれよあれよという間に、どうやら本当に解散になりそうです。7~9月の経済統計の速報が17日に出ます。その数字がどうもよくないらしい、だから消費税の来年10月の値上げは見送る、そのためには三党合意を見直さなければならないので、国民に信を問うというのが、自民党が言う解散の理由のようです。
 7~9の数字が悪いのは、アベノミクスは効果がないということの証明以外のなにものでもありません。これから先も効果どころか格差が広がるなどの弊害がより如実に表れてくる、自民党の支持率が高いうちに選挙をしてしまおう、負けることは負けるが過半数を割ることはない、というのが自民党の考え方です。
 これほど身勝手な理屈があるでしょうか。野党共闘が出来る前に、負けを最小にする勝負に出たという訳ですが、こんなことで年末の忙しい時期に選挙をやっていいはずはありません。
 これで、景気の落ち込みをカバーするための補正予算の成立が遅れます。それに連動して来年度予算の成立も遅れます。景気対策を打たなければいけないといっていた、政府の方針にもこの解散は反します。
 でも、選挙は総理の判断一つで実行されてしまいます。本来であれば現有勢力を下回れば敗北ですが、過半数を維持すれば勝利だと自民党は言い張るでしょう。
 その結果、安倍政権がやってきた無茶苦茶な政策が全て、国民に受け入れられたということになってしまいます。秘密保護法や、集団的自衛権行使の問題、武器輸出の条件見直し、ODAの軍事への支出など多くの国民が反対して政策が、この選挙で自民党が勝ってしまえば、全て国民に受け入れられたことになってしまいます。
 アベノミクスとはなんだったのか。第一の矢は日銀が大幅に一万円札を発行し、事実上国債を直接引き受けただけです。大量に円を刷れば円の価値は下がりますから円安になります。日本は今や輸入大国ですから、円が安くなることによって物価が上がります。しかし、実質給与は下がりっぱなしですから、国民の生活は苦しくなる一方です。
 第一の矢の狙いは円安に誘導して輸出を増やすというところにありましたが、もう競争力の強い企業はほとんど海外に出てしまっており、結局、輸出は伸びず、貿易赤字が増大するという悲惨な結果になっています。
 第二の矢は大胆な財政出動です。これも単に大規模に公共事業をやるということです。第三の成長戦略には中身がないですから、公共事業でつなぎをしようというのが目的です。しかし、こちらも公共事業をやろうにも人手が足りずに大量の公共事業の積み残しを出しています。税収が増えている訳ではないので、当然、財政赤字は膨らみます。安倍政権で国の借金の総額は1000兆円を超えてしまいました。
 第一の矢も第二の矢も日銀と財務省がその気になればいつでも取れる政策です。しかし、人為的にできないのが第三の矢です。成長戦略が成功するかどうかにアベノミクスが成功するかどうかが、かかっていました。
 中身が分かってみんなが呆れました。成長戦略の中心はカジノだったのです。海外から旅行客が増え、カジノで税収も上がる、というのです。これ以外には国家戦略特区を作って、そこで残業代を払わないで働かせるという特例を作るぐらいです。これで成果がでるはずはありません。
 アベノミクスは小泉改革の焼き直しです。中身は新自由主義そのものです。大企業が伸びれば、しずくが滴るように中小企業にも恩恵が及び、最後に働く人の給与もあがるというのが、彼らの考え方です。
 その結果どうなったか。確かに一部の大企業は未曽有の好成績を上げました。しかし、その成果はほとんどが内部留保として大企業の中に留め置かれたままです。その額なんと290兆円です。恩恵は大企業が独り占めし、中小企業はさらに厳しさが増しました。
 ご承知の通り、大企業と中小企業、東京と地方、正規社員と非正規など、格差が広がっただけというのが小泉政権、安倍政権の結果でした。小泉改革の継承と言わずに、アベノミクスと横文字にし、何か、いいことがあるのではと、期待を抱かせましたが、もはや正体は割れました。
 安倍政権は今や株価だけを最後のよりどころにしています。アベノミクスが成功しているのは株価を見れば分かると宣伝しています。我々の大事な年金を大量に株価で運用する、政府資金を投入する。株式市場に大量の資金を投入すれば、株価は上がります。しかし、肝心の企業が成長しているわけではありませんから、いずれ株価は下がります。でも選挙までは株高で行けば国民をだませると考えているようです。
 こんな安倍政権にやっと国民がノーを突きつける機会を安倍政権が作ってくれたのです。これを活かさない手はありません。きちっと民主党が勝利し、安倍政権を退陣に追い込もうではありませんか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー