記事一覧

中身の全くない所信表明演説

9月29日(月)
 今日から臨時国会が始まり、今日は安倍総理の所信表明演説が行われました。
 アベノミクスの成果が上がっていないこともあって、演説には一度もアベノミクスという言葉が出てきませんでした。また、注目された消費税を来年上げるかどうかについても一切言及はありませんでした。
 今国会の最大の焦点の一つになっている労働者派遣法の改正についても一言もふれませんでした。さらに先の国会であれほど話題になった集団的自衛権についても何の発言もありませんでした。
 では、一体、どんな発言があったのか。鳥取の地ビールとか、鳥取の島で人口が増えた話など、地方創生を担う石破大臣に配慮したのでしょうか、地方の話が中心でした。いずれも、地方創生で政府が援助したわけではなく、地元が努力した成果なのに、あたかも地方創生政策でそれができたかのような、自画自賛振りでした。
 円安で国民の生活が苦しくなっている、また地方と東京の格差が拡大している、児童の貧困率が高まっている、若者の生活水準が低くなっている、実質賃金が13か月連続で低下しているなど、深刻な問題にどう政府が対処していくか、安倍総理の口からなんの政策も発表されませんでした。
 もともと社会保障には疎い総理ですが、外国旅行ボケなのでしょうか、一層浮世離れした所信演説でした。さすがに自民党席からも「一緒にやろうではありませんか」という絶叫調の呼びかけの時だけしか拍手が沸きませんでした。
 これでは明日からの論戦でも、これまでと同様に、質問にしっかりと答えず、はぐらかしばかりの答弁に終始するのではないかと、いまから懸念されます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー