記事一覧

いまこそリベラル勢力の結集を

6月6日(金)
 梅雨入りして今日は大雨となっています。国会も大詰めを迎え、維新の会が分裂するなど、騒がしくなっています。
 目下の焦点はいうまでもなく集団的自衛権の行使に向けて政府が憲法解釈を変えるかどうかです。いまのところ与党協議ばかりが注目されていますが、民主党内でも連日、集団的自衛権について議論が交わされています。
 民主党はすでに、「憲法解釈を変えて集団的自衛権を認めることはできない」という結論はだしています。いま行っている議論は、政府が出した15の事例について、現行法で対処できるのか、そんな事態が本当に起こりうるのか、あるいは集団的自衛権と称して実際には戦闘行為を行ってしまうことにならないか、などを一つ一つ具体的に詰めているところです。
 党内には集団的自衛権を認めるべきだという意見を持った議員もいます。それらの人は声が大きいので新聞で、その意見が報じられると民主党は集団的自衛権行使に前向きなのかと心配される方がいるかも知れません。
 そこで、私はリベラルの会を再稼働させることを今週呼びかけました。リベラルの会というのは10数年前に、当時の若手議員が集まって作った会です。ずっと勉強会を続けてきましたが、前回の選挙で、多くの同志が落選してしまい、活動が鈍っていました。
 まさにリベラル陣営を結集しなければいけない時に、何もしないということはありえないということで、結集を呼びかけました。党内にはリベラルの会以外にもリベラルな考え方をもった議員がたくさんいます。それらの人も結集して、きちっと安倍政権と対峙しいくことが大事だと考えています。
スーパーコピーブランド専門店
ーパーコピーバッグN級品
スーパーコピー財布専門店
スーパーコピー小物N級品
スーパーコピージュエリーN級品
シャネルスーパーコピー
 ところで、集団的自衛権ばかりが話題になっていますが、私はもともと「集団的安全保障」が大事だと訴えてきました。紛争が起こったらどうするということばかり安倍さんは考えているようですが、最も大事なのは紛争が起こらないように、政治を行うことです。そのためにはアジア地区に日本、中国、韓国、ロシア、米国、A.S.E.A.N.を加えて集団的安全保障体制を作ることです。
 西欧では、冷戦時に偶発的な紛争を阻止するために東西両陣営が参加する全欧安保協力会議(CSCE)が作られました。冷戦終了後の95年にはこれが全欧安保協力機構(OSCE)に発展し、今では全加盟国の大使が毎週定例会議を開き、大きな紛争が起きないように機能しています。
 これと同じようなものをアジアにつくれば、偶発的な紛争が起こる危険性がぐっと減ります。そういう努力をしないで、違いばかり非難し合っていたのでは、何もいいことはありません。こちらが身構えれば、もこうも身構えざるを得ません。そんなことをしてもどの国の国民も喜びません。
ファイル 525-1.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー