記事一覧

政治にもリエンジニアリングが必要だ

5月21日(水)
 今日は慶応大学の金子勝氏を招いて朝の勉強会を行いました。あいにくの雨でしたが、大勢の方が参加してくれました。
 金子先生は反原発派として知られていますが、今日の話は、時代が中央集権型から分散型に変わっている、その中でエネルギーが原発のような中央集権型でいいはずはない、分散型の再生エネルギーにシフトしないと日本は生き残っていけない、という話をしました。 
 私は1996年に「情報革命」という本を書きましたが、その中で大量消費、大量生産の時代から「必要なモノなりサービスを、必要な時に必要なだけ供給する情報社会が訪れる」と書きましたが、それと金子先生の話が重なりうれしい思いがしました。
 その本の中で私はコンビニについて触れ、バーコードのデータ(今ならビックデータという言葉がありますが、当時はありませんでした)を活用することによって、小売店が商品開発をしてメーカーに作らせたり、ネットワークを活用して銀行業に進出するなど、業界の壁がなくなっていくのが、情報社会の特質だと指摘しましたが、これもその通りになりつつあります。
 ただ、私がこの本を書いた時には労働力人口が減っていくとか、エネルギー問題が深刻ではありませんでしたので、それらについて書くことができませんでした。
 この本を書く少し前に、「日本型リエンジニアリング」という本を書きました。この中ではコンピュータがなかった時代に創られた生産様式や経営形態をコンピュタネットワークを前提にした経営や、組織づくりにゼロベースで変えていかなければいけない、と指摘しました。しかし、金子先生が今日指摘したように、日本はその波に乗り遅れてしまい、いまや世界から周回遅れとなってしまいました。
 だから、アベノミクスのような小泉改革の二の舞を演じても経済の再生はありえない。時代はエネルギー転換を求めてダイナミックに変わりつつあるのに、古いしがらみの中で原子力発電に固執していれば、周回遅れの日本がさらに周回遅れになるという金子先生の話に大いに共感しました。
 同時に今、政治が大きく変わらなければならないのに、明治以来ほとんど変わっていないのですから、うまく日本をリードできるはずはありません。情報化社会の中の政治はどうあるべきかを次の著作の中では考えていきたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー