記事一覧

アジア的混沌の魅力、フィリッピン

5月8日(木)
フィリッピン議連の公式訪問でフィリッピンに行ってきました。私は議連の幹事長をしていますが、公式訪問は二年ぶりのことで、たくさんの人に会ってきました。
フィリッピンは若い国です。何と国民の平均年齢が22.7歳というのですから驚きです。なるほど、街を歩くと若者であふれていました。
 アジア諸国は急速に発展していますが、フィリッピンは波に乗り遅れ、いまだに数多くの貧困層が残っています。バラック住まいの住宅も多く、ゴミがいたるところに放置されています。
 しかし、街は活気にあふれています。バンコクや台北、ホーチミン市などかつては「アジア的混沌」と呼ばれた活気にあふれていましたが、経済成長とともに落ち着いた街に変化しました。マニラにはまだ、野性味が残っているところが街としては魅力があります。
 何と言っても平均年齢が20代ですから、これから最低30年間は人口のボーナスを受け取ることができます。現在、7%の成長をしていますから、普通にいけば10年で経済規模は倍になります。日本の高度成長期のような状況がこれから、フィリッピンには訪れる訳です。
 今回、たった24人しかいない上院議員のほとんど、また下院議員にも数十名と会う機会がありました。また、マラカニアン宮殿でアキノ大統領とも懇談しました。
マニラの川はどこもゴミが流れ悪臭が漂っていました。私は議員との懇談で、「東京も私の子供の頃、隅田川は黒く濁り、悪臭を放っていた。この川がきれいになるなど想像もできなかった。しかし、いまはボラが海から上がってくるほどきれいになった。だから諦めないで環境浄化に取り組んでほしい」。
 「日本は経済成長を重視する余り、たくさんの公害と環境破壊を起こしてしまった。こんな経験を再びフィリッピンの人にしてほしくない。これからの時代は、経済成長と環境保持を同時に達成しなければならない、そのために日本は役立てることがたくさんある」、という話をしました。
 フィリッピンで気になることは貧富の差が拡大していることです。お金はあるところ集まりますから、もともとの富裕層はますます豊かになる。一方、貧しい人たちのところには以前にもましてお金が回らなくなるから、貧困は深刻になります。そこを調整するのが政治の役割ですが、残念ながらうまく機能していないようです。
 貧困層を固定化させないためには、教育が大事です。学ぶ基礎さえきちんと与えていれば、あとは何とかなります。したがって、基礎教育の援助を日本はしていかなければいけません。
ファイル 520-1.jpg
下院議員と本会議での懇談

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー