記事一覧

国際会議でストックホルムに行ってきました

4月28日(月)

 22日から27日まで「第6回国際人口開発会議行動計画実施のための国際国会議員会議(IPCI、ICPD)」出席のためストックホルムに行ってきました。アジア諸国を始め、全世界から議員が集まり、人口問題について議論しました。日本からは私を含めて3人が出席しました。
 人口問題は途上国と先進国で抱える問題が異なります。途上国ではどう人口爆発を抑えるかが問題で、先進国では少子化が問題です。
 途上国では依然として望まれない妊娠と15歳以下の少女の出産が問題となりました。レイプなどによって望まない妊娠、出産をしている少女がまだたくさんいます。また、親の意向などで若くして結婚妊娠している少女もたくさんいます。
 若くして出産すると教育を受ける時間がありません。したがって、ずっと家事労働に従事せざるを得ず、貧困の連鎖が生まれているのが現状です。それを防ぐためにはどうすればいいのか、という議論がなされました。
 一方、先進国では少子化問題が話題となりました。韓国、シンガポールなどでは少子化が止まりません。日本は少し出生率が改善しましたが、依然として2.0以下ですから、人口は自然に減ります。 ところがヨーロッパ諸国ではスウェーデンやフランスなど近年子供を二人以上産むケースが増えているそうです。ストックホルムの街を歩いてもベビーカーに赤ちゃんを乗せているお母さんをたくさん見かけました。子供を三人持つ人も珍しくはないということでした。
 スウェーデンではほとんどの女性が働いています。子育てをしながら働ける環境があることが、出生率の低下を防いでいるそうです。働く女性が増えるから出生率が下がるということではないということです。
 日本の場合は出生率も問題ですが、それより大変なのが健康寿命と平均寿命のかい離が年々大きくなってきていることです。健康寿命とは食べる、寝る、歩くなど身の回りのことを自分でできる年齢をいいます。
 日本の場合、健康寿命を見ると、男性では2001年に69.40歳だったのが2010年には70.42歳と1.02歳アップしています。女性は同時期に72.65歳から73.62歳と0.97歳アップしています。一方、平均年齢は男性の場合78.07歳から79.55歳と1.45歳延び、女性は84.93歳から86.30歳と1.37歳延びています。
 問題はこの差が年々少しずつですが広がってきていることです。健康寿命と平均寿命の間は残念ながら介護を必要とする期間となります。それだけ介護や医療費が余計にかかることになり、それが次世代の人たちに大きな負担になるということです。まだ、余り話題になってはいない課題ですが、今後、大きな問題になると心配しています。
 ストックホルムには初めていきましたが、海と川に囲まれた静かできれいな街でした。郊外に小さなセカンドハウスを持っている人が多く、夏は一か月ほど休みがあり、そこで過ごすそうです。今は午後8時過ぎまで明るく、6月になると白夜に近くなるということです。その反動で冬は長く暗い辛い日々が続くそうです。

ファイル 519-1.jpg ファイル 519-2.jpg
ファイル 519-3.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー