記事一覧

介助犬、聴導犬、盲導犬を見てきました

4月7日(月)
 昨日は「身体障害者補助犬を推進する議員連盟」の幹事の一人として、横浜市の施設を視察してきました。
 最初に横浜市総合リハビリテーションセンターに行き、介助犬と聴導犬についての説明を受け、その後で、実際に介助犬と聴導犬のデモを見学させてもらいました。介助犬は力がないといけないということで、主にラブラドールやシェパードが使われるということでした。一方、聴導犬は大きさに関係ないということで、主として保護センターに入れられていた犬を使っているということでした。
 介助犬、聴導犬ともにまだ認知度が低く、レストランに入るときなどまだまだバリアが高いということでした。でも介助犬、聴導犬がいると、生活に張り合いが出来るし、活動範囲が広がると実際に利用している人たちは喜んでいました。
 次に、日本盲導犬協会の神奈川訓練センターを見学しました。こちらには訓練施設があり、盲導犬と実際に盲導犬を使う人たちが訓練する宿泊施設もありました。たくさんの訓練犬がいる中で実際に、盲導犬として活躍できるのは3割くらいだということでした。
 介助犬も聴導犬も盲導犬もやり方を教えるというのではなく、遊びの感覚でできるようになり、それを褒められることでさらに、それぞれの役割をよりよく果たせるようになるということでした。人間もおこるよりも褒めて伸ばす方がいいという見本かもしれません。
 ジョンが死んで以来、長いこと犬をゆっくりと撫でる機会がなかったので、昨日は満足しました。犬の目はいつ見てもいいものです。さらに犬猫の殺処分ゼロも頑張っていかなければいけないと決意を新たにしました。

ファイル 516-1.jpg
冷蔵庫からペットボトルを取り出し車イスの方に渡す

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー