記事一覧

原発輸出に反対

4月4日(金)
 今日の本会議でトルコ、アラブ首長国連邦との原子力協定認めるかどうかの採決が行われました。私は退席の上、外で待っていた記者に対して、退席の理由すなわち、原子力協定と原発輸出には反対である旨、表明いたしました。
 理由は福島第一原発事故の原因は現在に至るまで解明していない。いまだに15万人もの福島県人が避難を強いられているなど、日本国内でコントロールできていないものを海外に輸出することは無責任で、とても賛成できない。原子力に頼らない社会を作るというのは、そういう生き方をするという意味も込めて、単なる政策の問題ではなく、思想信条かかわる問題だ。民主党のこれまでの政策との整合性を問題にする人も入るが、民主党の過去の政策が全て正しかったのであれば、政権を失うことはなかった。見直すべき政策はきちっと見直さなければならない。再稼働に反対し、民主党を支持している人たちに対して、民主党内でもきちんと反対する人間がいるということを示さなければいけないと考えた。
 以上のように反対した理由を述べました。採決は残念ながら賛成多数で可決されてしまいました。自分の国の経済発展のためなら、他国が犠牲になってもかまわない、というアベノミクスの本質が、この協定にははっきりと表れていると思います。
 武器輸出の許可、集団的自衛権行使の問題、教科書への政府関与、最終的な憲法改、これらの一連の動きに対して、これからもしっかりと反対をしていきたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー