記事一覧

世界は不条理

3月20日(木)
 ウクライナの首都で大規模なデモが起こっているということにびっくりしたと書きましたが、その後事態は急変し、大統領がロシアに出国する政権交代へと発展しました。そこで終わりかと思ったら、今度はクリミア半島で独立を求める住民投票が行われ、あれよあれよという間に、独立宣言、そしてロシアへの併合が決まってしまいました。
 ロシア軍がクリミア半島に展開して以来、こんな結末がある程度、予想されましたが、これほどの短期間に、クリミアがロシア領になることを予想できた人はそういないはずです。ひょっとしたらロシア自身も予想していなかったかもしれません。
 もともと、クリミアに住んでいたロシア系住民が独立を求めて運動をしていたというのなら、理解できないこともありません。しかし、キエフでの混乱の中で、十分な論議もなされないうちに、こんな決定が行われるのは、国際法上許されるものではありません。米国やEUが反発をするのは当然です。
 この問題を巡って、新たな冷戦が始まるとか、G8からロシアを排除されるとかさまざまな憶測が流れています。いまのところロシアにたいする制裁はそれほど激しいものではなく、一気に緊張が高まる危険性はないようですが、このことによって世界の安定性がそがれたことは確かです。
 日本も制裁に加わっていますが、欧米同様たいした制裁ではありません。安倍総理としてはこれまでプーチン首相と何回も会談を重ね、北方領土問題を何とか解決しようとしていただけに、複雑な心境だと思います。
 恐らく国際社会としてはこの動きが世界中に広がらないように見守るだけで、最終的にはクリミアの併合は認められることになるでしょう。世界中には少数民族が独立を求めている地域がたくさんあります。そこに波及しさえしなければいい、ということなのでしょう。納得はいきませんが、どうしようもありません。
 納得がいかないといえば、マレーシア航空機の行方不明事件ほど納得がいかない事件もありません。南インド洋で残骸らしいものが見つかったという報道がありますが、事実かどうか分かりません。
 テロ説もありますが、何の声明も出されていません。機長や副機長に問題があったのかもしれないという報道もなされていますが、何を目的に飛行機を目的地以外に運航していったのか動機は分かりません。このまま飛行機が見つからなければ、永遠の謎となってしまいます。
 よく飛行機に乗りますが、こんな飛行機に乗り合わせた人はどんな心境だったのか、気の毒以上のものを感じます。どこか南の島に不時着していればなどと期待してしまいますが、これほど時間がたった以上、それもあり得ません。不条理です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー