記事一覧

3周年目に思う

3月12日(水)
 昨日で東日本大震災から3年が経ちました。慰霊祭に行ってきましたが、岩手県の遺族が、「母はあなたを誇りに思います。私たちのもとに生まれてきてくれたこと、ありがとう」と語った時には、私の周りの多くの議員も目頭を押さえていました。
 3年前のあの日、議員会館の部屋からはフジテレビ脇のビルから上がった黒煙が見えていました。首相官邸からもたくさんの職員が庭に出ていました。赤坂の外堀通りにもビルからの人であふれていました。みんなどこを見る訳でなく上を見ていたのが印象的でした。
 揺れは一時間近くも続き、この先いったいどうなってしまうのだろうという不安を多くの人が抱いたはずです。その後に津波の映像が入ってきました。本当にこんなことがあるのだと茫然としました。多くの人が津波にのまれたのを目の当たりにして、言葉が出ませんでした。
 そして、一日たってから福島原発の爆発が起こりました。きのこ雲ならぬ白い煙の輪が拡散していく様をテレビで見ても、最初、何が起こったのか分かりませんでした。あの時大量に飛散した放射能がいまでも多くの人々を苦しめています。
 3年たっても自宅に戻れない人がたくさんいます。福島第一原発は収束どころから、どうなるのか行方すらわからず、ただ汚染水をためたタンクだけが増え続けています。地震は自然現象ですが、原発事故は明らかに人災です。原因すら分からないのに再稼働を進めようとしている人たちは、私の理解を超えています。
 「備えあれば憂いなし」と語った総理がいましたが、いくら備えていても想定外のことが起こるということをあの大震災は示しました。次の大地震は明日来るかもしれないし、100年、1000年後かもしれません。
 古人が語っているように津波は高台に逃げるしか方法はありません。地震は耐震建築である程度防げます。しかし、放射能は防ぎようがありません。だから原発ゼロしか対策はありません。
 失望のあまり自殺するなど二次被害者が多く出ているという話がニュースで流れていました。これは行政の問題です。今回のことを教訓にして避難や仮設住宅、町づくりなどを抜本的に見直さなければならないと思います。
 あの被害に匹敵する教訓などありようもありませんが、せめて私たちはずっとこの災害と被災者を思い続けていかなければいけないと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー