記事一覧

もう少し選手のことを考えるべきだ

2月14日(金)
 先週の土日は酷い雪でしたが、今日もすごい雪が降っています。議員会館の私の部屋から首相官邸と総理公邸が見えるのですが、どちらの屋根も真っ白です。部屋は11階ですが、雪で視界も非常に悪くなっています。今日も帰宅の交通機関が乱れるのではと心配です。雪は一度降ると、また降る傾向があるので、今日も危ないと思っていましたがその通りになってしまいました。
 個人的に雪は好きなのですが、これだけ降るとやはり、困ったもんだと思ってしまいます。東京は雪景色なのに寒いはずのソチでは青空が広がっているのを見ると地球の大きさを感じます。
 そのオリンピックが盛り上がっています。ただ気になることがありますので、書きます。
 マスコミの対応です。次の日に競技を行う選手に、たくさんのマスコミが群がってあれこれ質問してプレッシャーをかける、まだ十代の選手がただでさえ緊張しているのに、その緊張を高めるように、優勝はとかメダルはとか、重ねて聞くのは、本当に止めた方がいいと思います。
 競技に集中することが何より大事な時に、インタビューをすることは禁止するべきだと思います。競技が終わった後いくらでも聞けばいいのであって、試合の前に群がることは百害あって一利なしだと私は思います。自分たちの視聴率のために、選手を潰していいはずはありません。高梨選手などはマスコミの被害者の最たるものです。
 傍目に見ても緊張しているのが分かりました。あの状態でベストのジャンプができるはずはありません。敗因はマスコミにあると断言できます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー