記事一覧

かくも常識を欠いた人たちが多いとは・・・

2月7日(金)
 耳を疑うようなニュースが立て続けに入っています。NHKの会長の発言には呆れました。大商社の副社長にまでなった人があんな認識でこれまで、よく国際舞台で活躍できたと不思議に思います。商社ですから全て商談がらみの話とはいえ、時には歴史や政治向きの話も当然でてくるはずです。
 外国人相手に「どこの国も戦時には慰安婦がいた。だから日本だけが責められるのはおかしい」と私見を述べたことがあったのでしょうか。当然、反論がきますが、その時一体どんな弁明をしたのでしょうか。それとも、日本の商社マンは金の話以外一切しなかったのでしょうか。どちらにせよ情けない話です。
 会長の弁明を聞いているうちに、今度は会長を選ぶ経営委員の、これまた呆れた発言が出てきました。例によって例のごとく南京大虐殺は無かった、自分が支持する候補者以外は人間のクズ呼ばわりです。
 もう一人の経営委員は、朝日新聞社に突っ込んで拳銃を発射して自殺した、普通に考えれば暴力で自分の考えを押し付ける人を英雄と呼び、朝日新聞社を、人の心を持たない人たちと断じました。
 どう考えても放送法でいうNHKの経営委員は「公共の福祉に関し公正な判断をすることができ、広い経験と知識を有する者」というのに、二人は該当しません。もちろん、会長も同様です。会長は安倍総理とは面識がないそうですが、経営委員の二人はお友達だそうです。安倍さんの考えに近いということで任命したのでしょうが、なんとも情けない限りです。
 さらに、全ろうの作曲家として知られた人の作品が実は別の人がずっと書いていたということも判明しました。自分で作曲できないから、他の人に頼むというところまでは、分からないではありません。事実、ゴーストライターに頼んで自分の半生記を書いてもらっている人もたくさんいます。
 しかし、耳が聞こえるのに耳が聞こえないと偽って、それを売りものにしていたとすれば、許しがたい話です。18年間も、人をだまし続けて苦しくはなかったのでしょうか。一度スポットライトを浴びると人間はかくも変わってしまうのでしょうか。こちらは寂しい思いがします。
 明日が、東京都知事選の最終日です。原発ゼロを訴えている人が勝つといいのですが。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー