記事一覧

平和主義をなし崩しにしていいのか

12月24日(火)
 今日はクリスマスイブです。世界中の子供たちが待ちに待った日です。どの子どもにも楽しいクリスマスが訪れるように祈るばかりです。
 さて、南スーダンでPKO活動している韓国軍に対して日本の自衛隊から銃弾1万発が提供されたという報道が突然なされました。
 日本には武器輸出三原則がありますし、PKO協力法ではこれまで他国軍隊に対して武器や弾薬の供与の申し入れがあっても、供与しないという政府答弁がありましたが、今回は緊急ということで例外的に供与したということです。
 不思議なことが二つあります。まず、武力行使も可能である韓国軍に弾薬が不足するということがいったいあるのか、という点。本来武力行使をしないとしている自衛隊がなぜ、1万発もの“余分”な弾薬を持っているのか、という点です。
 おりしも安倍政権は武器輸出三原則を来年見直すことを宣言していましたから、その前例を作るという意図があったのではないかと懸念します。さらに行き詰った日韓関係を改善するために今回のことを利用しようという意図があったとしたら、平和主義の原則にも反することになります。
 NSCを作った時に、政府が国会を無視して軍事行動をするのではないかということが心配されましたが、今回の事態は、まさに国会閉会中にNSCを開いて決定されました。国会がチェックできないNSCは一体どこで歯止めがかけられるのでしょうか。
 どの程度、韓国軍に危機が迫っていたのか、知る由もありません。しかし、余り考えられない事態を受けて、緊急事態、臨時措置という名前のもとに、日本が戦後築き上げてきた平和主義がないがしろにされるとしたら、恐ろしいことです。安倍政権だけに、心配が募ってしまいます。
 その安倍政権ですが、今日の各新聞を見ますと、軒並み支持率が下がってきています。当然のことです。景気がいいといっても、上がっているのは株価だけです。国民生活は決してよくはなっていません。
 安倍政権は成長戦略と称して、経済界に賃上げを求めています。安倍さんのいう自由経済とは対極にあるものではないでしょうか。賃上げが労使でなく政府と経済界で決定できるなら、賃下げも共同でできることになってしまいます。安倍さんの好きな国家統制が経済にまで及んで来れば、それこそ自由主義と民主主義の危機です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー