記事一覧

犬猫の殺処分ゼロが見えました

12月13日(金)
 今日は姫路城に行ってきました。「どうぶつ基金」の皆さんが、世界遺産姫路城内にいる地域猫の集団不妊手術をするのを見学に参りました。どうぶつ基金ではこれまでに、石垣島、熱海で集団不妊手術を手掛けており、今回が三回目ということでした。わたしが見学させて頂いたのは初めてです。
 姫路城内には約100匹の地域猫がいるそうで、二日前から場内に捕獲器を設置し、約80匹の猫を場内の温かい施設に集め、今日と明日、たくさんの獣医師で一斉に不妊手術を実施するということでした。
 姫路市が全面的に協力し、姫路市の動物愛護施設の職員や獣医師も一緒にこの取り組みに参加していました。また、地域の多くのボランティアの方たちも参加していました。
 猫は独自のコミュニケーション能力があり、一斉に捕獲器を置かないと、情報が出回り捕獲できなくなってしまうということで、一斉にたくさんのボランティアのみなさんの協力で捕獲したそうです。
 手術はメスの場合は移動手術車で、オスはテントの設備で実施していました。手術を行った後は、耳をカットし「桜耳」の猫となります。猫は一日、施設の中で過ごし、翌日、もともといたテリトリーに戻されるということでした。
 こうした試みを全国で繰り広げていけば、殺処分ゼロが確実に実現できるとどうぶつ基金のみなさんは言っていました。東京オリンピックが開かれるまでに何とかして日本全体で殺処分をゼロにしたいという力強いことばに勇気をもらいました。
 私も犬猫の殺処分を禁止する議員連盟をつくって、動愛法の改正では努力をしましたが、実際に殺処分をゼロにする活動というのは残念ながらできませんでした。
 どうぶつ基金をはじめとしたボランティアの活動が全国に広がってくれることを願っています。
ファイル 500-1.jpg ファイル 500-2.jpg
ファイル 500-3.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー