記事一覧

国民主権を全く理解していない石破発言

12月3日(火)

 12月1日に地元の松戸駅で秘密保護法反対の街頭演説を行いました。衆議院でも参議院でも与党が圧倒的多数を占めていますから、残念ながらこのままいけば多数決でこの悪法が成立をしてしまいます。
 成立を阻止するためには広範な国民の反対運動が必要です。そこで地元の県議や市議と一緒に反対の活動をいたしました。日曜日の午後にもかかわらず、多くの方に反対のビラをとってもらいました。世論調査でも明らかなようにたくさんの国民がこの法案の危険性を心配していることが改めて分かりました。
 参議院で審議が続いていますが、与党は何とか会期内の今週内に強行採決しようといろいろ画策をしているようです。明日にも地方公聴会と総理出席の委員会を開き、採決への外堀を埋めようとしているようです。それを阻止できるのは国民の声しかありません。
 その国民の声を上げる最大の手段がデモや請願です。自民党が圧倒的多数を選挙で獲得したのは事実ですが、国民は白紙委任しているわけではありません。まして、衆議院選挙や参議院選挙でNSCや秘密保護法案が焦点になったわけではありません。
 そうなれば国民に残された手段は国会に反対の声を届けるデモしかありません。そのデモをテロと同じだと断じたのが自民党の石破幹事長というのですから、開いた口がふさがりません。
 秘密保護法には守るべき秘密としてテロ情報が含まれます。デモがテロというならデモに参加しようと呼びかけるだけで、テロ情報を流したとして逮捕などということにもなりかねません。
 いまは、そんなことまでは、まさかしないだろうと多数の方は思っているでしょうが、何年か経てば、本当にそんな閉塞した社会になってしまう危険性があるのです。
 石破幹事長はデモはテロだという発言は撤回しましたが、依然として「デモで大声を上げるのは本来あるべき民主主義の手法とは異なる」という発言を続けています。要するに自分の意見に反対する意見はテロと断じて締め出してしまいたいという考え方は変わっていないということです。
「秘密を保護するのは国を守るためである、国民はただ黙って従っていればいい」、という国民主権を否定し国家主権に変えたいという考えが色濃く出た発言だと思います。
 安倍政権の日本の針路をかえてしまいかねない危険性が明らかになった以上、私たちは単に秘密保護法案の廃案だけではなく、その後に続く集団的自衛権行使、憲法9条改悪阻止のために、安倍政権そのものを倒すという決意を固めなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー