記事一覧

自民党の暴走を許してはいけない

11月27日(水)
 昨日の午前、特別委員会で特定秘密法案が強行採決され、夜の本会議で維新の会欠席のもと、採決されてしまいました。
 前日に福島で地方公聴会を開き、7名の出席者全員が反対の意見を述べたばかりなのに、その検証もしないままに強行するのですから、公聴会は単なる採決のためのセレモニーだったわけです。法案の内容が民主主義を無視したものなら、採決の仕方も民主主義を全く無視したものでした。
 こんな暴挙ができるのも、安倍内閣の支持率が高いからに他なりません。多くの国民が心配しているにもかかわらず、安倍さんは自分のタイムスケジュールに従って、着々とゴールを目指しているようです。
 すなわち、まずNSC法案と秘密保護法案を今臨時国会で通し、次の通常国会で国家安全保障基本法案を成立させ、集団的自衛権行使を可能にさせ、外堀を埋めた後で、憲法改正を行う。
 そして、日本を普通に戦争が出来る国にする。どうしてそうしたいのか、恐らく、安倍さんの頭には軍事力を持たない国は尊敬されないという思い込みがあるものと思われます。
 日本が世界で役に立ってきたのは軍事力がなくても経済力や技術力で世界の安定と平和に貢献してきたからです。軍事力をもってアジアの安定がそこなわれれば、これまで築いてきた日本の地位を脅かすことになります。どうして軍事力がそれほど欲しいのか私は理解できません。
 ところで、昨日、強行採決されたのに今日の衆議院はそのまま動いています。参議院に不正常(国会用語では荷崩れ状態といいます)で送れば、それを正常に戻すまでに3~4日かかりますから、今週中の審議入りはできなかったはずです。荷崩れを起こさないまま送れば、来週中の参議院成立が見えてしまいます。どうして不正常に持っていかなかったのか、残念です。
 ともかく、参議院に頑張ってもらって、何が何でも廃案に追い込まなければなりません。そのためにも国民の皆様の反対運動が必要です。
 自民党がむちゃくちゃなら都政も酷いものです。猪瀬氏は昔から知っていますが、あんな人です。もともと知事などになってはいけない人です。醜い言い訳は聞きたくありません。すみやかに辞職するべきです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー