記事一覧

反対の声を上げるのは、“今でしょう”

11月8日(金)
 秘密保護法案の審議が大詰めを迎えています。最悪の政府案よりはいいということで、野党は修正協議をしようとしていますが、多少直したところで、国民の上に国家を置こうとする発想そのものが変わるわけではありませんので、ここは野党が国民と共闘して廃案に持ち込むしかないと思います。
 安倍さんのいう「日本を取り戻す」というキャッチは戦前の日本を取り戻すということに他なりません。国のために命を捧げる日本人というのが安倍さんの理想のようです。赤紙一枚で命を失った人たちの無念を思えば、そんな日本に戻っていいはずはありません。
 こんなおかしなことをしようとしているのに、安倍さんと自民党の支持率が下がらないのが不思議でなりません。一体きちんと日本人は新聞を読んでいるのでしょうか。「自分には関係ない」と知らんぷりを決め込んでいるのでしょうか。
 訳の分からない法律ができれば、訳のわからないことで逮捕されるということもありうるのです。戦前の治安維持法を見れば分かります。法律の名前に騙されてはいけません。秘密保護はなんでも秘密にできる法案であり、治安維持は治安維持という名目の下に、時の権力に反対する人間はいつでも逮捕できるという法律でした。
 そういえば、名門ホテルやデパートでも出鱈目なメニューで消費者を長年騙してきました。偽装を誤表記というのも酷い話です。誰もがこんな出鱈目をやるようになったら、おもてなしの国もなにもあったものではありません。
 おかしなことはおかしいときちっと言える世の中にしなければなりません。あのときに反対しなかったからこんな世の中になってしまったと、嘆いても遅いのです。
 教科書を政府が自分の思うように変えたり、子供たちに自分の価値観を植え付けるために道徳教育を教科に組み入れるなどの動きも出ています。一つ一つが全て、憲法9条改正、そして、軍事で世界に認められたいという発想から出ています。
 常識ある日本人は声を上げなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー