記事一覧

安倍政権は日本をどこに持っていこうとしているのか?

10月25日(金)
 
 今日、秘密保護法案が閣議決定されました。同時に今日の本会議に国家安全保障会議設置法案が提出され、特別委員会での審議が始まります。
 この他にも安倍内閣は武器輸出三原則をなくす方向で検討をしていますし、集団的自衛権の行使、憲法改正も目指しています。
 いずれも戦後、平和日本を形作ってきた基本原則を変えるものです。
 本来であれば、広く国民的な反対運動が起きてもおかしくないような状況ですが、アベノミクスに浮かれているのか、残念ながら国民的な反発にはまだ至っておりません。
 今日の本会議場で安倍総理は、日本は周辺諸国の危機に晒されているから、国家安全保障会議を作って緊急事態にすぐに対処できるようにしなければいけないと、強調していました。
 本当に、今の日本が危機的な状況に置かれている、と認識している人が一体何人いるのでしょうか。確かに尖閣や竹島など中国や韓国と領土問題を巡って緊張があることは確かですが、それが軍事衝突にまで発展すると考えている人はほとんどいないのではないでしょうか。
 それにもかかわらず、アベノミクスの評判の良さに乗じて一気に日本の軍事化を推し進めようとしている安倍政権は本当に怖い政権です。このままいけば、平和日本のイメージは著しく壊されます。 長い期間に渡って、世界平和のために人的、経済的貢献をしてきた日本が、一気に姿を変えて、「積極的平和主義」の名のもとに、米国と一緒に武力行使する国になってしまうかもしれません。まさに日本の針路が安倍政権によって、大きく曲げられてしまう危険性が大です。ここはしっかりと反対をしていかなければ、将来に大きな禍根を残します。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー